2009年05月14日

アラスカクルーズ4日目 ジュノー観光

今日は今クルーズ初めての寄港地ジュノーを訪れます。
6時前には着岸し、予定通り7時から下船できたようです。下船口ギャングウェイは3階中央部分でした。
6時頃デッキに出てみましたが、今日も快晴サニーデイでいい天気です。周りの雪山に日光が映えとてもきれいな景色が広がっています。朝なのでさすがに少し寒いですね。景色を見ていたら前方に同じホーランドアメリカラインのStatendam号が入港してきました。幅・高さは同じくらいですが、長さが短いですね。

その後リドレストランに朝食に行き、9時に下船しました。船会社のオプショナルツアー(ショア・エクスカーションといいます)もたくさん用意されていますがやはり割高なので、事前に下調べして地元のツアーに参加することにしました。
クルーズ客船ターミナル前は駐車場などの広場になっていて、ツアー会社の窓口がたくさん並んでいました。まだアラスカ観光シーズンが始まったばかりの5月なので、あまりツアー窓口が営業していないんじゃないかと心配していましたが、ツアー会社の情報通りたくさんの窓口が営業していました。
アラスカクルーズ
 船を降りたすぐ目の前の広場でツアー窓口が営業中 後ろはウェステルダム号
7時過ぎから少しづつ準備を始めるブースが出てきて、9時に下船した時にはほとんどのブースが営業していました。一方16時頃には営業しているブースも減り、17時過ぎには全ブースがクローズしていました。
現地のツアーは地球の歩き方を参考にネットで調べましたが、まだ昨シーズンの料金が表示されていて、市内観光とメンデンホール氷河観光セットで27$、メンデンホール氷河シャトルバスが片道7$となっていました。
ツアー会社のブースを見て回りましたが、今年も同じ値段でした。景気悪化の影響もあり値上げを見送ったのかもしれませんね。ハイシーズンになると高くなるのかもしれません。
各ブースとも取り扱い商品は同じ様で、価格も同じです。ツアー実施会社は1社で、申込み窓口会社がたくさんあるような感じでした。同じ広場にたくさんブースが並んでいても意味がないような気がするんですが(笑)
下船した先がインフォメーションセンターだったので、地図などをもらってからブースを見て回り、近くのブースでジュノー観光とメンデンホール氷河コース27$を申し込みました。支払いは$キャッシュのみで、チケットを渡されます。4人分なので108$になっています。市内観光と氷河ツアーですね!
アラスカクルーズ
30分おきにツアーが出ているようで、9時半のツアーになりました。バスはケーブルカー駅の方の駐車場で、白いバスにジュノーツアーと書いてある、5分前くらいに来るというようなことを言っていました。運転手にチケットを渡すようです。広場で待っていましたがなかなかバスが来なくて、大丈夫かなと少し心配になりましたが、9時半頃にバスがやってきました。乗客は少ないかなと思っていたんですが、続々と乗り込んできてほぼ満席でした。シーズン開始当初とはいえクルーズ客船が3隻着岸しているので人気なんですね!

メンデンホール氷河で他の日本人に聞いたら、タクシーでメンデンホール氷河まで行くと片道33$だったそうです。4人で行くと割安かもしれません。
バスは古いですがガイド兼ドライバーのおじさんはおもしろい人です。船会社主催だとバスは新しいですが、ツアー料金も40$前後になります。現地申込みツアーはお得ですね。

9時35分くらいに少し遅れて出発です。まずは市内の車窓観光です。アラスカ州政庁やアラスカ州立博物館、アラスカ州知事公邸(サラ・ペイリン氏も住んでいたんでしょうね)などダウンタウンをバス車内から観光して、その後橋を渡りダグラス島に向かいます。ちょうど港の対岸になる展望スポットで止まり、10分間の下車タイムとなります。
階段を下りていくと展望が開け、停泊しているクルーズ客船が見渡せます。ウェステルダム号の全景を写真に収めることができて大満足です。

その後バスは一路メンデンホール氷河を目指します。
まずはメイン道路沿いの展望台からメンデンホール氷河の全景を見渡します。ここで10分の下車時間がありました。それから少し戻って左折し、メンデンホール氷河インフォメーションセンター近くのロータリーで下車しメンデンホール氷河観光です。ここでは45分ほど時間を取りました。ロータリー近くにはトイレもあります。
アラスカクルーズ
ここからでも氷河を見ることができますが、氷河に向かってトレイルが整備されていて、所々に展望スペースが設けられています。メンデンホール氷河の前には氷河のかけらが浮かんだ湖が広がっていて、湖面の半分ほどは氷に覆われていました。氷河の右手側には雪解け水の流れが大きな滝のようになっています。トレイルを進んでいくと氷河はどんどん大きくなり、滝の迫力も出てきます。
アラスカクルーズ
今回は45分ほどしかなったので、トレイルの先までは行けませんでした。周りには思わず時間を忘れてしまうような雄大な景色が広がっていますし、もっと時間に余裕を持って訪れたいなと感じました。
そのためには氷河への往復だけをセットした14$のシャトルバスの利用がいいかなと感じました。もっとじっくりとメンデンホール氷河を体感したかったですね。
バスに乗り込み少し進んだところの道路右手側で人だかりがしており、何事かと思いましたが、小型の熊がいました。みな写真を撮っていたようです。熊怖くないんでしょうか?木陰にいたようでバスからは人だかりしか見えなかったんですが、熊が森の中に戻っていく時に姿を見ることができました。
その後は街に戻り12時15分頃にツアー終了となりました。
ダグラス島からジュノーの景色が眺められたり、メンデンホール氷河を満喫できたりとお得なツアーでした。ただホームページの記載と比べると、チャペルby the Lakeなど行っていない場所もありました。値段を据え置いた分訪問場所を減らしているのかもしれません。

ツアー後は一度船内に戻り、ランチを食べ一休みしてからジュノー市内散策に出かけました。当初はクルーズ客船ターミナルから出ているトラムウエイに乗ってロバート山に登ろうと考えていましたが、午前中のツアーと同じ27$もするし、木が多くて眺望がどうなのかなと感じたので止めました。
地球の歩き方では、ジュノーではずせないアトラクションなどと書いてあり、行こうと思っていましたが、今回については行かなくて正解だったようです。山頂には1時間ほどのトレイルも整備されているんですが、5月中旬の現在ではまだ雪に覆われていて、歩くのは困難だったそうです。夏場だと気持ちいいのかもしれませんね。

14時半頃から再度上陸し街をぶらぶらしてきました。まずはウェステルダム号の全景を撮ろうと前方に行きましたが、大きすぎて写真に収めるスポットが見つかりません。本当に大きい船ですね。
港前広場の土産物屋などを見ながら坂道をまっすぐ上り、聖ニコラス・ロシア教会を目指します。通りの左右のお店は宝石屋さんが多いですね。熊のぬいぐるみを飾っている店も多いですね。次には展望テラスのあるアラスカ州政庁を見てきました。近くには市の博物館がありトーテムポールが立っていました。
アラスカ州政庁内には熊の剥製やトーテムポールも展示してあり、州の図書館もありました。そのまままっすぐ進むと展望テラスになっていて、街を一望することができます。
アラスカクルーズ
港方向にはビルが建っていて船の様子はあまり見えませんでした。州政庁は崖を利用して建てられているので高低差があり、館内のエレベーターを利用すれば下の道路と上の道路の行き来にも使えるようです。私は州政庁の上のフロアから道路沿いに少し先に進んだ先にある、アラスカ州知事公邸をじっくり見てみたかったので、手前にある階段を下りて下の道路に行きました。
アラスカクルーズ
そこからは海岸沿いをぶらぶら歩いて帰ってきました。途中にはホエールウォッチング用ボートの乗船口や水上飛行機の発着場などが広がっています。海沿いには木製桟橋が続いていて、スタテンダム号やウェステルダム号を眺めながら帰ってきました。
ジュノーは坂が多い街なので、歩くだけでもいい運動になります。今日は一日歩いて疲れました。今21時頃ですが、すでにかなり眠いですね。今日は早目に寝ます。

メンデンホール氷河に行くには、1.5$の路線バスを利用して近くまで行くのが一番安上がりですが、バス停からメンデンホール氷河まではかなり離れているので、森の中を歩いて行かなければいけません。熊が出るかもしれませんし(笑)ちょっとバスは使いにくいと思いますね。30分おきに出ているシャトルバスを利用してメンデンホール氷河を満喫するのがベストかなと感じました
市内は歩いても2時間ほどで回れますし、対岸のダグラス島には路線バスで行くことができます。往復利用しても3$なので、メンデンホール氷河シャトルバス利用14$+ダグラス島行きバス往復利用3$+徒歩で市内観光というのがお薦めですね。雪がなくなればロバート山トラムウエイもいいかもしれませんが、27$はちょっと高いですね!誰か一人が代表して登って、写真を撮ってくればいいのかもしれません(笑)

船は20時出港予定でしたが、10分ほど早く出航しました。出港の様子をデッキで見ていましたが、夕方なのでとても寒いですね。
明日はケチカンに寄港です。久々のテンダーボートでの上陸です。朝8時15分からテンダーボートチケットの配布があるそうなので、いいチケットをゲットしたいですね!


 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 旅行ブログへ


posted by 財満 at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。