2009年05月14日

世界遺産グレーシャーベイ国立公園クルーズ〜その1

いよいよ今アラスカクルーズのメインイベント
 世界遺産グレーシャーベイ国立公園
にやってきました。昼に近づくにつれさらに天気も良くなり、デッキで太陽に当たっていると暑いくらいです。ただ雪山を渡ってくる風は冷たいですね。

016.jpg
11時過ぎからはパークレンジャーによるグレーシャーベイ国立公園の説明もありました。会場からの質問に答えたり、スライドを使って景色や動物の説明などがありました。英語なのであまり理解はできませんでしたが(笑)

プールデッキではサーモンの炭焼きバーベキューをやっていて、大人気でした。私も列に並んで食べましたが、香ばしくてとても美味しかったですね。なぜか巻き寿司も並んでいました。具材はスモークサーモン、しめ鯖?、チーズ、キューリ、アボガドなどがあったようです。

両側に広がるきれいな景色を眺めながら、食事を取っている人でプールデッキはいっぱいです。プールデッキは天井もありそれほど寒くないので、景色を眺めるには最高です。私は写真も撮りたいので、10階のオープンデッキを行ったり来たりしていました。10階デッキもカメラや双眼鏡を持った人でいっぱいです。

13:20頃にはリード氷河の前を通りました。少し奥まっているのでよくは見えませんが最初の氷河です。写真の真ん中部分が氷河になります。距離が離れているので双眼鏡を使わないと迫力はないですね。

13時半ごろからは、氷河が崩れた破片もたくさん流れてきて、南極とはまた違った景色が広がってきました。とても幻想的できれいな景色です。

そして船は細いフィヨルド内に進んで行き、14:42頃大きな氷河ランプルー氷河が現れてきました。船内放送で説明してくるんですが、英語であることと写真を撮るのに夢中になっていて、名前は確認できませんでしたが、地図があるのでほぼ間違いないと思います。

ここは氷河の近くを通り過ぎていくので氷河の様子をよく見ることができます。氷河はところどころ青くなっていて、とてもきれいですね。ここは通り過ぎるだけでしたが、最初に現れた大きな氷河なので双眼鏡でじっくり見ている人も多かったです。
双眼鏡で見ると氷河の割れ目など細かいところもよく見えていいですね。氷河を見に行くなら双眼鏡持参をお薦めします。デッキでも双眼鏡の販売をしていました。

フィヨルド内は波もなく、ウェステルダム号もゆっくりと進んで行きます。最初の氷河も20分くらいかけて通過していきました。

波がないのは上の写真を見てもらえば分かりますよね!水面に雪山の様子がきれいに写っています。
この頃になると日差しも強くて、紫外線で肌がひりひりしてきます。船内の展望スペースや日陰に戻り、見所が近づいてくると屋上デッキに上がって見学という感じになってきました。天気予報を見たときは晴れるといいな〜と思っていたんですが、こんなに晴れて紫外線が強いと、ここまで晴れなくてもいいのになどと思ってしまいます(笑)
いい天気できれいな写真がたくさん撮れましたが、顔が真っ赤に焼けてしまいました。帰る頃にはさらに黒くなっていると思います。昨年の南極焼けに続き今年は春からアラスカ焼けです(笑)
昨年パタゴニアでも氷河を見ましたが、曇っていたことと夕方で少し薄暗かったので、あまりきれいには見えませんでした。やはり日光が降り注いだ氷河が一番きれいですね。



船はそのまま直進していきますが、先は行き止まりのように見えます。行く手には氷河のかけらが無数に散らばっています。さらに進んでいくと左手側に展望が開け、14:10頃ジョンホプキンス氷河が見えてきました。

   世界遺産グレーシャーベイ国立公園クルーズ〜その2へつづく

   アラスカクルーズ日記 トップページへ

   アラスカクルーズ トップページへ
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 旅行ブログへ


posted by 財満 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。