2013年04月29日

コスタマジカ エーゲ海クルーズ日程

2013年4月13日関空出発のコスタマジカ号 エーゲ海アドリア海クルーズ11日間 に行ってきました。
今後参加予定の方や、エーゲ海・地中海クルーズに行ってみたいな〜と考えている方の参考になると思い、旅行記を作りました。
まずは今回のツアーの全体的なスケジュールをまとめてみます。

コスタマジカで行く
エーゲ海・サントリーニ島・コルフ島とアドリア海の真珠ドブロブニククルーズ11日間

エーゲ海クルーズ

エーゲ海クルーズ ツアースケジュール

2013年4月13日(土) 晴れ 名古屋は午前中少し寒かったが、午後は暑くなる
 名古屋からは14時50分名古屋駅集合 エミレーツのシャトルバスで関空へ 18時10分関空着
 関空組は20時40分関空集合
 23時40分発のエミレーツ航空EK317でドバイへ10時間半のフライト
4月14日(日) 晴れ ドバイは暑いが、空港内は涼しい
  4時40分ドバイ(アラブ首長国連邦)着 (時差マイナス5時間なので、日本時間では9時40分)
  9時50分発のエミレーツ航空EK135でベニスへ6時間のフライト
 14時30分ベニス着 (時差マイナス7時間なので、日本時間では21時30分)
 空港からバスで移動し15時半頃ホテル着 ノボテル ヴェネツィア メストレ カステラーナ
成田発の場合 昼頃成田発のエールフランスで、パリ経由ベニスへ 22時頃ホテル着

4月15日(月) コスタマジカ号へ乗船しベニス出港 快晴 少し肌寒い
  9時に集合して出発する予定が、荷物トラブルで40分ほど出発が遅れる
 10時ベニス港に到着。荷物を預けて水上バスでサンマルコ広場へ!12時半まで自由行動
 13時30分頃からコスタマジカへのチェックイン開始!14時頃にはコスタマジカ船内へ!
 17時 夕暮れのベニスを出港 7泊8日のエーゲ海クルーズへ
4月16日(火) バーリ(イタリア)寄港 快晴 ちょうどいい感じ
 12時30分 バーリ入港
 船会社オプショナルツアー(英語ガイド)アルベロベッロ(0122 ALBEROBELLO)に参加
 18時 バーリ出港
4月17日(水) カタコロン(ギリシャ)寄港 快晴 暑い
 13時30分 カタコロン入港(時差マイナス6時間なので、日本時間では19時30分)
 クルーズプラネット主催オプショナルツアー(日本語ガイド)オリンピア遺跡と考古学博物館観光に参加
 19時 カタコロン出港
 船長主催の乗船歓迎フォーマルディナー&パーティ
4月18日(木) ピレウス(ギリシャ)寄港 快晴 暑い
  9時 ピレウス入港 自由行動でアテネ アクロポリス遺跡観光とアテネ中心部散策
 19時 ピレウス出港
4月19日(金) サントリーニ島(ギリシャ)寄港 くもり時々晴 風が強くて寒い
  7時 サントリーニ島 新港沖に停泊 テンダーボートで上陸。その後旧港沖へ移動
 船会社のオプショナルツアー イア観光とフィラタウン(0925 OIA VILLAGE)に参加
 14時 サントリーニ島出港
4月20日(土) コルフ島(ギリシャ)寄港 快晴 暑い
 13時 コルフ島入港 自由行動で旧市街を散策
 19時 コルフ島出港
 フォーマルディナー
4月21日(日) ドブロブニク(クロアチア)寄港 快晴(時差マイナス7時間) ちょうどいい感じ
  8時 ドブロブニク 旧市街沖に停泊 テンダーボートで上陸
 自由行動でスルジ山、旧市街を取り囲む城壁巡りツアー
 13時 ドブロブニク出港
4月22日(月) ベニス(イタリア)帰港 曇り時々小雨 寒い
  9時ベニス入港
 9時半過ぎに下船。荷物を港に預け水上バスでサンマルコ広場へ!1.5時間ほどベニスを自由行動
 13時半頃ベニス空港着
 15時45分発のエミレーツ航空EK136でドバイへ6時間のフライト
 23時30分 ドバイ着
成田発の場合 10時過ぎにコスタマジカ下船
12時45分発のエールフランスで、14時35分パリ着
19時30分発のエールフランスで成田へ

4月23日(火) 晴れ ちょうどいい感じ 夜中には雨が降り、いい時に帰ってきた
  3時発のエミレーツ航空EK316で関空へ10時間半のフライト
 17時関空着 入国・通関後解散
 19時 関空発のエミレーツシャトルバスで名古屋へ 22時3分頃名古屋着
成田発の場合 14時20分成田着

今回のエーゲ海クルーズは、成田発10日間と関空発11日間コースがあります。
どちらから出発してもあまり変わらないという人は、休みがあまり取れない場合は成田発、時間に余裕のある場合は関空発という選択方法もあります。また集めているマイレージの関係や好みの航空会社で選ぶという考え方もできます。

それぞれのメリットを挙げてみると
関空発のメリット
土曜日の深夜発なので11日間になるが、実質的には10日間と変わらない
顧客からの評価が高いエミレーツ航空利用
 エミレーツは独自のマイルシステムですが、日本航空のマイルへ移行可能

ベニスのホテル着が15時頃なので、自由行動で夜のベニス観光も可能
あるいはホテルでゆっくり休んで長時間フライトの疲れを癒すことも可能
帰国便もベニス発が15時45分と遅いので、早い時間に下船できれば再度ヴェネチィア観光が可能

成田発のメリット (成田発のスケジュールは想定です)
昼間の出発でゆっくりできる
帰国も14時過ぎに成田に到着するので、早く帰宅できる
エールフランスはデルタ航空などと同じスカイチームなので、マイレージが貯まりやすい


利用する航空会社は今後見直される可能性もありますので、詳細は旅行会社にご確認ください。

関空発の方がベニスを観光する時間が多くてお得ですが、最終日にベニスで1〜2泊してゆっくり観光することも可能です。クルーズプラネットで延泊の手配もしてくれます。せっかくヴェネチィアまで来たので、ヴェネチィアを満喫するため延泊する人もいました。
ただ添乗員とはお別れなので、自分たちだけで帰って来る必要があります。航空チケットは手配済みですし、帰ってくるのはそんなに難しくありませんが(笑)

   コスタマジカ号エーゲ海クルーズ トップページへ
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 旅行ブログへ
posted by 財満 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。