2013年05月03日

コスタマジカ号でのお洗濯

ショートクルーズは7泊8日という日程が一般的ですが、持っていく荷物を減らすためにも数回の洗濯が必要になります。
洗濯といっても下着やシャツ程度しかできませんが、今回は洗濯テクニックをまとめてみます(笑)
キャビンの中は乾燥しているので、夜間の乾燥対策という意味でも夜に洗濯して干しておくと便利です。

しかしキャビン内には洗濯するスペースはありませんし、洗濯物を干す場所も限られます。
コスタマジカ
キャビン内でお洗濯をするには色々と工夫が必要になります。
まず洗濯するのは洗面スペースになりますが、洗面ボールにお湯を溜めて洗濯することになります。私はスーツケースの中に洗面器を入れて持って行ったので、洗面器を使って洗濯しました。そこまでする必要もないと思いますが、お湯がたまりにくい場合もありますし、洗濯中は洗面所が使えなくなってしまうので、洗面器もあると便利です。
前回アラスカクルーズでは大きめの洗面器を持っていきましたが、デルタ航空の荷扱いが手荒だったのか、荷物を開けたら割れていました^_^; なのでウェステルダム号では洗面ボールで洗濯しましたが、洗面ボールが大きかったので洗濯しやすかったですね!
コスタマジカ号は洗面ボールが小さいので、というより洗面スペース自体がかなり手狭な感じです。
しかし水はちゃんとためることができたので、洗面ボールでの洗濯も可能です。

問題は洗濯物の干し方です。
キャビン内のクローゼットにはハンガーが入っていますが、クローゼット内でしか使えない特殊仕様なので洗濯物を干すには使えません。ハンガーは持参する必要があります。
また室内にはハンガーを引っかけるような場所はあまりありません。
コスタマジカ
洗面スペースドアの裏側にあるフックに引っかけるか、室内に2ヵ所あるフックに引っかける程度です。
なのでドアに引っかけられるハンガーフックを持っていきました。
コスタマジカ
100円ショップで売っていますが、クルーズに持っていくと便利です。

靴下などを干すためには専用のハンガーも必要です。
こちらも100円ショップで買いました。キャンドゥの株主なので、株主優待券を使って買ってきました。
ミニ洗濯板もあったので買ってきましたが、こちらは一度も使いませんでした^_^;
コスタマジカ
エアコンの吹き出し口が引っかけるのにちょうどいい感じでした。
エアコンの吹き出し口なので乾きも早そうです!
とはいえ、最初に靴下を洗濯しましたが、朝になっても乾いていませんでした。
手で絞るには限界があり、そのまま干してもなかなか乾きません!

夜に干して朝までに乾かすためには、バスタオルを使って脱水する必要があります。
コスタマジカのバスタオルは大きいので、絞った洗濯物をバスタオルの上に広げて並べ、そのままバスタオルをくるくると巻いて体重をかけると、余分な水分がバスタオルに吸収されてちょうどいい感じに脱水されます。昔の洗濯機に付いていた脱水方式を思い出しますね(笑)
バスタオルで脱水してから干すと、朝には乾いていました。
洗濯グッズを利用して、上手に洗濯しながら8日間を乗り切りましょう!

   コスタマジカ号エーゲ海クルーズ トップページへ
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 旅行ブログへ
posted by 財満 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。