2013年05月03日

コスタマジカ食事1日目

コスタマジカ号 エーゲ海・地中海クルーズのお食事をご紹介します!
クルーズの楽しみの一つはもちろん美味しいお食事です!
まずは乗船初日に食べたメニューをご紹介します。
コスタマジカへの乗船日の4月15日(月)は、14時前にコスタマジカに乗船しました。
本日のメインレストラン コスタスメラルダの営業時間は12時30分から13時30分まで、9階のセルフサービスレストラン ベッラージョは12時から16時30分までなので、部屋を確認して荷物を置き、キャビン内に用意されているコスタカードを持って、すぐに9階のビュッフェレストランに直行です!
食事
まずは野菜や果物、パンを中心に盛り合わせます。
果物はオレンジやすいか、りんごなど豊富にありましたが、なぜかバナナはまったく見かけませんでした。
イタリア人はバナナは食べないんでしょうか???あるいは意外と高いのか!?
ポテトを炒めたものはよくラインナップされていましたが、これは美味しくてよく食べました。
今朝のホテルの朝食は、果物も野菜もなくてほとんど食べたいものがなかったので、お腹もペコペコです。
これだけではまだ満たされないので、酢豚らしきものにもチャレンジしてみました。
食事
豚肉ではなくて七面鳥の肉のようでしたが、おいしい酢鶏?でした。トマトも無難に美味しいです。
主菜系の料理も何種類か用意されていますが、見た目は美味しそうだけど期待を裏切る味だったり、見た目はそれほどでもなくても美味しかったりするので、ビュッフェはまず少しずつ取ってきて味を確かめ、それから食べたい量を取ってきた方が無難です。
ただビュッフェレストランも混雑時には大行列になるので、2度並ぶのが困難な時もあり、とりあえず確保!しなければならない時もあります(笑)
18時30分からはディナーが始まるので、ランチはこの程度にしておきました。

続いては期待のディナーです!
コスタマジカのメインレストランは3階・4階の2層構造になっていて、最後方の船尾部分にあるコスタスメラルダと中央部にあるポルトフィーノに分かれています。ともに中央部分は吹き抜けになっているので、3階の方が席数が多くなっています。3階の両レストランの間がキッチンです。
スメラルダの方が規模も大きくメインレストランになっています。最後部なので海の眺めも最高です!
ディナーは2部制になっていて、1部は18時30分から、2部は21時からになっています。
ディナーの席は指定制でクルーズ中ずっと同じ席になります。
1部、2部も決まっていて、今回のクルーズプラネットのツアーでは1部のスメラルダレストランで、最後方の窓際の6テーブルほどがリザーブされていました。今回のツアーは関空発、成田発がそれぞれ40名強なので、左右の窓側の6〜7テーブルがクルーズプラネットに割り振られていて、右舷側が成田組、左舷側が関空組になっていました。
クルーズプラネットに割り振られたテーブルの中で、好きな席に座ることができました。
3階最後方の窓際というのは窓からの眺めも最高ですし、一番良い席と思われます。
今回のクルーズでは、クルーズプラネットのお客様はVIP対応!という感じで、優先的に乗船・下船できたり、歓迎パーティーも催されるなどVIP気分を味わうことができました
コスタクルーズに乗るなら、日本総代理店のクルーズプラネットですよね(^_^)v

ディナーですが、本日は歓迎ディナーBon Voyage Dinnerとなっています。日本語メニューによると
前菜
 タラのムース オリーブオイルとケイパー ポレンタのクルトンにのせて
 うさぎのテリーヌ オリーブ、マッシュルーム、サラダ添え
 野菜のプリン パルメザンとチーズソース添え(V) Vマークはベジタリアンメニュー
スープ 野菜のクリームスープとバジルクルトン(V)
パスタ
 アンチョビ、ガーリック、パン粉とオリーブオイルのスパゲティー(シェフお薦め)
 パスタ ブロッコリー、チーズ、ペッパーソース(V)
メイン
 白身魚のフィレ レンズ豆の煮込み、キャロット、ポテトチップ添え(シェフお薦め)
 ポークカツパルメザン風 ポテトと野菜添え
 チキンのデビル風 クラッシュポテト、赤たまねぎ、チェリートマト添え
 ピーマンのライスと野菜の詰め物(V)
サラダ ミックスサラダ
チーズ 本日のチーズ クルミパンとドライフルーツを添えて
デザート ケーキやシャーベット、フルーツ盛り合わせなど5種類ほど
これらは日替わりメニューで、これ以外に1ページ目に毎日用意されているメニューが載っています。
トマトソースとバジルのスパゲッティーまたはスパゲッティーボロネーゼ、牛肉のグリル、蒸したまたはグリルした白身魚、ミネストローネ(V)が毎日用意されています
テーブルにはパンが用意されていて、他にバルサミコ酢とオリーブオイルが置いてありました。
1ページ目の上部には、本日のシェフのお薦めも掲載されていますが、お薦めが美味しいとは限りませんし、せっかく用意された日本語メニューを見ても料理がイメージできないのが困りものです(笑)
チキンのデビル風って言われてもねぇ...
席に座ると本日のメニューが渡され、その中から食べたいものを指定します。水は無料ですが、その他の飲み物は有料です。ウェステルダム号では最後にコーヒーが出てきましたが、コスタマジカではコーヒーなどは出てきませんでした。
食事
前菜 野菜のプリン↑ はずれ〜味がなかった  パスタ 耳たぶパスタのオレッキエッテ↓ そこそこ 
食事
スープは1種類しか載っていなかったので、何も言わなかったら出てこなかった^_^;
毎日用意されているミネストローネもあったので、指定しないと出てこないんですね。サラダは完全に1種類しかないので、こちらも何も言わなかったら出てこなかった^_^;
普通は選択肢のある前菜やメインだけ選べばすべてのコース料理が出てくると思うんですが、コスタ式は甘くないです!欲しいものはすべてメニューを指さして指定しないと出てきません!
翌日からはしっかりと学習効果がでました(笑)

メインはシェフお薦めの白身魚のフィレを選択! でもあまり味がなくて美味しくはなかったです。
食事
チキン好きなのでチキンのデビル風と迷いましたが、デビル風なので凄いものが出てきそうでシェフのお薦めに賭けましたが、デビル風の方が良さそうでした。やはりリスクを取るべきだったか(笑)
サラダはメイン料理と一緒に出てきますが、初日は指定しなかったのでなし、チーズはパス。
デザートはフルーツの盛り合わせにしました。
食事
3種類くらいのフルーツが書いてあったのになぜか私の皿には2種類だけ...こちらも外れでした(笑)

どれが美味しいかは食べてみないと分からないので、夫婦で違ったものを注文して食べ比べている人もいました。これが正解だと思います。うさぎのテリーヌもいまいちだったようです。

   コスタマジカ お食事一覧へ    >翌日のお食事へ

   コスタマジカ号エーゲ海クルーズ トップページへ

 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 旅行ブログへ


posted by 財満 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。