2013年05月05日

コスタマジカにチェックイン

約2時間弱のヴェネチィア観光が終わり、いよいよコスタマジカ号に乗船です。
13時13分頃に港に戻り、乗船ターミナルに入っていきます。
コスタマジカ
明るいコスタクルーズのスタッフが、笑顔で出迎えてくれます。
コスタマジカ
そこからエレベーターで2階に上がるとチェックインカウンターなどがあります。
コスタマジカ
2階のフロアは、すでに乗船手続きをする乗客でごった返しています。おおよその乗船時間は事前に渡されたカードで決まっているので、そんなに早く来ても乗船できません。
その中をかき分けながら奥に進みます。今後も継続してお客様を送り込んでくれるクルーズプラネットは上得意なので、VIP対応で乗船手続きもしてもらえます。奥のカウンターにクルプラ専用のチェックインカウンターを設置してくれました。そこにパスポートと関空の集合場所で渡された乗船書類、健康申告書を提出してチェックイン手続きは完了です。
コスタマジカ
続いてチェックインカウンターの向かいにあるセキュリティチェックを通り、空港の様な手荷物検査が終われば、晴れてコスタマジカ号へ乗船です。
乗船ターミナルを出ると目の前にはコスタマジカ号がマジカに見えました! これはお約束だ(笑)
コスタマジカ
でもここからが実は長い行列です!
その原因は...
コスタマジカ
こちらもお約束の写真撮影!全乗客がカワイイ水兵さんと記念撮影を行い、この写真は買うまで船内のフォトショップで晒され続けることになります^_^; 買わないから撮らなくていい!と言っても、ノーと言われるだけです。
ホーランドアメリカラインのウェステルダム号も同じような撮影があったけど、辞退することができたような気がするんですが、コスタ社は辞退不可!でした。絶対に買わないので資源の無駄だと思うんですけどね〜
無視して強行突破したらどうなるんだろう? もちろんそんな勇気はないですけど(笑)

この先さらに2回行列になります。
まずは最終的なパスポートチェックで、ここは2列になっていて、左側がベニスから新たに乗船する人用、右側はクルーやベニスが寄港地で乗下船する、コスタカードを持っている人用という感じでした。特にそんな案内はなかったので、ちょっと空いている右側に並びましたが、コスタカードを持った人が優先というだけで、こちらからも乗船は可能でした。
日本人乗客はこの先でパスポートをコスタクルーズの係員に預けて、預かり証を受け取ります
ここからいよいよ乗船ターミナルを離れて、タラップを渡ってコスタマジカの3階デッキに乗船します。
コスタマジカ
ついにこちら側にやってきました!
でもまだ船内には入れません!ここで最後の写真撮影が待っています。
この写真撮影は絶対に拒否できませんし、最高の笑顔で写らないと後悔します(笑)
ここで撮った写真が、今後乗下船する際の本人確認写真として使われるので、コスタカードをスキャンする度にここで撮った写真がモニター上に表示されます。
ウェステルダム号でアラスカクルーズに行った時は、チェックインの時に写真を撮ったような気がしますし、ピースボートで世界一周した時は、トパーズ号に乗り込んですぐのレセプション前で撮ったように記憶しています。船会社によって少しずつ違いはありますが、この写真撮影は必須です。
これらの全行程を無事に終えて、13時54分についにコスタマジカ号の船内に足を踏み入れました!
コスタマジカ
ここは3層吹き抜けのアトリウムで、歓迎の音楽が流れ華やかな空間でした。
これから8日間の船内生活に期待がふくらみます!

でも朝はほとんど食べなかったのでお腹はペコペコ(笑)
7階の部屋に寄って場所を確認し、部屋に置いてあるコスタカードを持って、9階のビュッフェレストランに急ぎました!まずは食べないと、船内見学をする力も出てきませんよね(笑)

   コスタマジカ号での初ランチへ

   コスタマジカ号エーゲ海クルーズ トップページへ
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 旅行ブログへ


posted by 財満 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。