2013年05月06日

ついにヴェネツィア出港

今回のエーゲ海クルーズのハイライトの一つヴェネツィア出港を再現してみます。
長時間に渡った避難訓練も無事終わり、ヴェネツィア出港を見るためデジカメを持って10階のデッキに駆け上がります。避難訓練中に出港してしまうのはひどいですが、最初に撮った写真がこれです。
ヴェネツィア出港
まだ出港して間もないようで安心しました。
ヴェネツィアは干潟の中に多数の島々が点在していて、大型客船が通れる場所は限られています。まずは港を出港してからヴェネツィア本島を抜けるまでのコスタマジカの通ったルートを確認してみます。
ベネチィア出港
ピンクの丸を付けた辺りで避難訓練が終わり、デッキに上がることができました。
コスタマジカは港に船首から突っ込んでいたので、出港する時はバックで出ないといけません。そのため港を出るのに時間がかかったものと思われます。港を後進しながら出て、その先で方向を変えてジューデッカ運河を進み始めた辺りで避難訓練が終わりました。ここからサンマルコ運河を抜けていきます。
ベネチィア出港
10階のデッキにから後方を見るとMSCの船が見えますが、この向かい側にコスタマジカは停泊していました。デッキに着いたのが17時25分なので、15分ほどでここまで移動したことになります。
ベネチィア出港
午前中に登った大鐘楼はまだ先ですが目立ちますね!カモメもコスタマジカと並走して飛んでいます。
ベネチィア出港
乗客もデッキに出てヴェネツィア出港風景を楽しんでいます。
救命胴衣姿の人がチラホラいるのは、コスタマジカが航路を間違えて干潟に乗り上げ座礁する事態に備えて!ではなくて、避難訓練が予想以上に長引き、部屋に戻る時間がなかったためと思われます(笑)
さらに船は進み、運河が大きく蛇行してきました。先に見えるのがサンマルコ運河です。
ベネチィア出港
ここを抜けるとサンマルコ小広場やドゥカーレ宮殿などが見えてきて、ハイライトに近付きます。
ベネチィア出港
大型クルーズ船の良いところは、最上階のデッキに上がるとかなりの高さになるので、上から街を見下ろすことができることです。(迷った私が言うのもなんですが)ベネチィアを歩いて見て回るのも素敵ですし、ヴァポレットなどの水上バスやゴンドラから水面レベルからの眺めも素敵です。ただ この高さからベネチィアの街を移動しながら眺められるのは、大型クルーズ船ならではの楽しみだと思います。
その分お値段も張りますが(笑)街中を歩くだけなら無料、ヴァポレットの1回券だと1時間で6.5ユーロ、ゴンドラ貸切でも1時間120ユーロくらいなのに対し、豪華客船だと最低でも700ユーロくらいは必要です。
今回のクルーズではコスタマジカに乗船していた時間が163時間なので、1時間当たりにすると4.3ユーロになります。食事も付いていますし、1時間あたりにするとクルーズが一番お得ですね(笑)

ドゥカーレ宮殿などが見える左舷側が人気ですが、右舷側にもジューデッカ島の景色が広がっています。
ベネチィア出港
右舷側は人も少なく、静かにベネチア出港に浸ることができます。
進行方向は夕陽があたって光り輝いていますが、後方は逆光になり、特に右舷側は影の多い少し寂しい雰囲気の写真になります。
上の写真は船尾側に見えるレデントーレ教会と島々を撮った写真、下は船首側に見えるサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会を撮ったものですが、雰囲気がまったく違いますね!
ベネチィア出港
ヴェネツィアを出港するなら夕方の方が雰囲気が良いと思います。
前途は明るく光り輝き洋々と広がり、小さくなっていくヴェネツィアの島々は暮れなずむ波間に消えていく
旅立ちの高揚感と、同時になんとなく感じるもの悲しさ
これらを見事に表しているのがヴェネツィアの夕方の出港だな〜と感慨に耽りました

次はドゥカーレ宮殿前を通過するハイライト風景です!

   ヴェネツィア出港ハイライト ドゥカーレ宮殿前を通過

   コスタマジカ号エーゲ海クルーズ トップページへ

 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 旅行ブログへ
posted by 財満 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/359164637
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。