2013年05月07日

コスタマジカ クローゼット・洗面仕様

コスタマジカで7泊8日のエーゲ海クルーズに参加しました。
ベッドやテーブルなどの備付け家具のご紹介に続き、女性の関心が高いクローゼットや洗面仕様についてご紹介します。 前回の備付け家具については下記をご覧ください。
   コスタマジカ キャビン内備付け家具のご案内

クローゼットは3列に分かれていました。クローゼット自体の写真を撮ってこなかったので分かりにくいですが、入り口横の洗面スペース向かいにあります。キャビンの仕様によって位置などは変わってきます。
コスタマジカ内側キャビン
スーツケースはベッドの下に入れますし、7泊のクルーズには十分な広さがありました。
だいたいのレイアウトは右のような感じでした。コスタマジカ
2つのキャビネットは同じ構造ですが、入り口側の上段には救命胴衣が2つ入っていて使えません。真ん中がハンガーになっていて5〜6個くらい^_^;のハンガーが掛かっていました。自分でも洗濯用のハンガーを持っていきましたし、棚の部分に畳んで積んでいたので十分でした。女性だと足りないかもしれませんね。
ハンガーは2つに分かれていて、服を掛ける部分だけが取り外せて、レールに引っかける部分はレールに付いています。言葉では説明しにくいですが、クルーズ船の共通仕様です。最初に豪華客船に乗った時は、ハンガーが外せないっ!と焦ったものです(笑)
レールに付いているフックにハンガーを引っかけるわけですが、針の穴に糸を通すようなものなので、視力が低下した高齢者には不評のようです。クルーズは特に年配の方に人気がありますが、ハンガーを改善すれば大きな商機に結びつきそうです。
クローゼットの一番下のスペースには、フォーマル用の靴などを置いていました。その上の棚部分にジーンズなどを載せていました。けっこう高さもあったので、十分な収納量でした。
一番手前側は5段くらいのキャビネットになっていました。私は使っていないので大体です(笑)
クローゼット前のスペースは狭いので、着替えなどしている時には洗面スペースに入りにくい、外に出にくい状況でした。決められたスペースに押し込んでいるのでしょうがないですが。


続いて洗面スペースの紹介です。
コスタマジカ
シャワースペースなどちょっと狭いという声もありましたが、私には十分な広さでした。バスタオル類も1日2回くらい交換してくれます。部屋に戻ると新しくなっている!という感じです。
コスタマジカ
トイレは1晩だけ、配管の点検?で夜中流せない日がありました。夜とはいえ流せないのは困りますね。
コスタマジカ
シャワーブースにはシャンプー、石鹸が置いてありますが、どちらも香りが強いので使いませんでした。いつも使っているものを持っていくのがお薦めです。シャワーカーテンが微妙に短くて、シャワーをしていると洗面スペースが濡れてしまうのが困りました。もう少し長ければいいんですが。

コスタマジカにはジャグジーやサウナもあります。ジャグジーはそれほど温かくないようですが、それでもかなりの人気でなかなか空かなかったようです。サウナには着替スペースとシャワールームも付いていて、こちらのシャワールームの方が広いので、こちらを利用した方が便利かもしれません。
前方で遠いので、私は一度も利用しませんでしたが^_^;

   コスタマジカ号 船内紹介トップページへ

   コスタマジカ号エーゲ海クルーズ トップページへ

 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 旅行ブログへ
posted by 財満 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/359316114
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。