2009年05月14日

世界遺産グレーシャーベイ国立公園クルーズ〜その1

いよいよ今アラスカクルーズのメインイベント
 世界遺産グレーシャーベイ国立公園
にやってきました。昼に近づくにつれさらに天気も良くなり、デッキで太陽に当たっていると暑いくらいです。ただ雪山を渡ってくる風は冷たいですね。

016.jpg
11時過ぎからはパークレンジャーによるグレーシャーベイ国立公園の説明もありました。会場からの質問に答えたり、スライドを使って景色や動物の説明などがありました。英語なのであまり理解はできませんでしたが(笑)

プールデッキではサーモンの炭焼きバーベキューをやっていて、大人気でした。私も列に並んで食べましたが、香ばしくてとても美味しかったですね。なぜか巻き寿司も並んでいました。具材はスモークサーモン、しめ鯖?、チーズ、キューリ、アボガドなどがあったようです。

両側に広がるきれいな景色を眺めながら、食事を取っている人でプールデッキはいっぱいです。プールデッキは天井もありそれほど寒くないので、景色を眺めるには最高です。私は写真も撮りたいので、10階のオープンデッキを行ったり来たりしていました。10階デッキもカメラや双眼鏡を持った人でいっぱいです。

13:20頃にはリード氷河の前を通りました。少し奥まっているのでよくは見えませんが最初の氷河です。写真の真ん中部分が氷河になります。距離が離れているので双眼鏡を使わないと迫力はないですね。

13時半ごろからは、氷河が崩れた破片もたくさん流れてきて、南極とはまた違った景色が広がってきました。とても幻想的できれいな景色です。

そして船は細いフィヨルド内に進んで行き、14:42頃大きな氷河ランプルー氷河が現れてきました。船内放送で説明してくるんですが、英語であることと写真を撮るのに夢中になっていて、名前は確認できませんでしたが、地図があるのでほぼ間違いないと思います。

ここは氷河の近くを通り過ぎていくので氷河の様子をよく見ることができます。氷河はところどころ青くなっていて、とてもきれいですね。ここは通り過ぎるだけでしたが、最初に現れた大きな氷河なので双眼鏡でじっくり見ている人も多かったです。
双眼鏡で見ると氷河の割れ目など細かいところもよく見えていいですね。氷河を見に行くなら双眼鏡持参をお薦めします。デッキでも双眼鏡の販売をしていました。

フィヨルド内は波もなく、ウェステルダム号もゆっくりと進んで行きます。最初の氷河も20分くらいかけて通過していきました。

波がないのは上の写真を見てもらえば分かりますよね!水面に雪山の様子がきれいに写っています。
この頃になると日差しも強くて、紫外線で肌がひりひりしてきます。船内の展望スペースや日陰に戻り、見所が近づいてくると屋上デッキに上がって見学という感じになってきました。天気予報を見たときは晴れるといいな〜と思っていたんですが、こんなに晴れて紫外線が強いと、ここまで晴れなくてもいいのになどと思ってしまいます(笑)
いい天気できれいな写真がたくさん撮れましたが、顔が真っ赤に焼けてしまいました。帰る頃にはさらに黒くなっていると思います。昨年の南極焼けに続き今年は春からアラスカ焼けです(笑)
昨年パタゴニアでも氷河を見ましたが、曇っていたことと夕方で少し薄暗かったので、あまりきれいには見えませんでした。やはり日光が降り注いだ氷河が一番きれいですね。



船はそのまま直進していきますが、先は行き止まりのように見えます。行く手には氷河のかけらが無数に散らばっています。さらに進んでいくと左手側に展望が開け、14:10頃ジョンホプキンス氷河が見えてきました。

   世界遺産グレーシャーベイ国立公園クルーズ〜その2へつづく

   アラスカクルーズ日記 トップページへ

   アラスカクルーズ トップページへ
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 旅行ブログへ


posted by 財満 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

アラスカクルーズ3日目 グレーシャーベイ

今日はアラスカクルーズのハイライト 世界遺産グレーシャーベイ遊覧 です。
ホーランドアメリカラインは、グレーシャーベイの奥深くまで入っていける権利を持っているそうなので、今日の遊覧クルーズが楽しみです。ウェステルダム号は82,000トンもある大型客船ですが、どの位まで氷河に近付いてくれるんでしょうかるんるん

昨日の夜中からフィヨルド内に入ったのか揺れも収まり、停泊しているかのような静けさです。昨夜も喉が渇いて何度か目が覚めましたが、ゆっくり休むことができました。
朝デッキに出てみると、両側には雪を抱いた山々が広がっています。昨年訪れた南極半島やパタゴニアフィヨルドと似た景色が広がっていて、1年振りに帰ってきたな〜という感じがしました。
014.jpg
 不釣合いな景色ですわーい(嬉しい顔)プールで泳ぐにはさすがに寒すぎますねあせあせ(飛び散る汗)

事前の天気予報では、「にわか雨で今日だけ風が強くて寒い」と出ていましたが、天気も良く風もそれほどありません。寒さはやはりそれなりで、ジャンパーを着ていないと長くはデッキに居られません。内側キャビンなので外の様子が分からず、朝食に行くついでにちょっとデッキに出てみただけなので、両側の景色を少し眺めて、すぐに暖かい船内に戻りました。
エレベーターで一緒になった同じツアーの人も、なかなか夜眠れないそうです。時差も含めて長〜い1日目が飛行機の狭いエコノミーシートで眠れず、その反動なのか船内で昼寝してしまうので、夜眠れなくなってしまいます。私は昨夜はよく眠れたので、今日のグレーシャーベイは一日満喫できそうです。
朝食はバナナ2本とリンゴ1個、それにフレッシュオレンジジュースを3杯飲んできました。目の前で搾っているフレッシュオレンジジュースはとても美味しいですね。
015.jpg

リドレストランから屋内プールデッキへ歩いてきたら、クルーがプールサイドで暖かそうなセーターなどの販売準備をしていました。今日は終日デッキで氷河見学なので、暖かいセーターがよく売れるのかもしれませんね。
今日は11時頃にグレーシャーベイGlacier Bayの入り口に到着し、16時ごろ一番奥のマージェリー氷河Margerie Glacierに到達予定です。ここでしばらく停泊して、右舷・左舷の部屋からも氷河が見えるように旋回します。氷河が崩れ落ちるのが楽しみですね。そして19時ごろグレーシャーベイを後にして、アラスカクルーズ最初の寄港地ジュノーを目指します。
グレーシャーベイの入り口ではパークレンジャーが船内に乗り込んできます。眺めのいい10階前方スペースにデスクを設置し、いろいろ説明してくれるようです。グレーシャーベイではクジラやラッコなどの動物もよく見ることができるそうなので、こちらも楽しみです。
朝食後一度部屋に戻り、装備を整えてからまたリドデッキに上がってみました。だんだんと両側の山々が近づいてきて、雪の量も増えてきます。海を見ていたら歓声が上がり、見てみるとイルカがジャンプしていました。またクジラなのか大きなひれを見せている魚も現れました。
グレーシャーベイに到着する11時までは、デッキに上がったり船内を歩き回って景色のよく見える場所を探したりして過ごしました。


   世界遺産グレーシャーベイ遊覧についてはこちら

017.jpg

   アラスカクルーズ日記 トップページへ

   アラスカクルーズ トップページへ
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 旅行ブログへ
posted by 財満 at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

アラスカクルーズ2日目 フォーマルデイ

今日はグレーシャーベイに向けて終日クルーズです。

昨日は2時過ぎまで日記を書いていて眠くなくなってしまい、あまり寝ていません。2時間ほどお昼寝した影響もあるのかもしれません。朝までは停泊しているんじゃないの?というくらいまったく揺れませんでしたが、7時前頃からゆったりとした大きな揺れを感じるようになりました。今回のキャビンは前方なので余計に感じるのかもしれません。昼頃からは周期の小さな揺れになってきました。天気はくもりで風もあり、デッキに出るととても寒いですね。船内は暖かいですが、ショーラウンジなどは涼しく感じます。

キャビン内は風量は一定で調整できませんが、温度は壁のつまみで調整することができます。標準設定だと寒いので一番暖かい設定にしました。寒くはないですが、乾燥しているので喉が渇きます。洗濯物も乾きが早いですね。追加で濡れタオルを干したくらい乾燥していました。

今日は終日クルーズと言うことで船内イベントもたくさん用意されています。船内新聞は夕方キャビンスチュワードが届けてくれますが、部屋にいない場合はドア横の郵便ポストみたいなところに届けられます。もちろん英語ですが大体はどんなイベントなのか理解できます。今回はクルーズプラネットのスタッフがおおまかな日本語訳も届けてくれるので助かります。

今日は10時からオプショナルツアーの説明会、10時半からは厨房の見学会、11時からは寄港地の説明会に参加してきました。すべて英語の説明なので、2・3割しか理解できませんね。その理解も正しいのかどうかは分かりません(笑)

厨房の見学会は面白かったです。パッセンジャーにも大人気で、ツアー説明会を抜け出し10分ほど前にメインレストランに着きましたが、すでに行列ができていました。トパーズ号で世界一周クルーズをした時も厨房内部は見せてもらえませんでしたが、ウェステルダム号は大サービスで厨房の奥深くまで入ることができ、きれいな料理作品を飾っていたり、料理長自ら出迎えてくれるなどとても楽しめました。

寄港地の説明会は写真など見せてくれるのかなと期待していましたが、提携している寄港地の土産物店の紹介が中心で、スライドなどはまったく使っていませんでした。途中で抜け出し、まだ行っていない船内見学会をしてきました。

最上層階の10階前方には、CROW'S NESTというバーやフリースペースが一体となった場所がありますが、270度くらい展望が利いてキャプテン気分で外の景色を眺めることができます。キャビンテレビに映る前方カメラのパノラマ版という感じです。ここに座って氷河などを眺めたら最高でしょうね!

朝は9階のリドレストランでフルーツの朝食を楽しみました。フルーツも豊富でオレンジジュースは実際にジュースマシーンで搾っていました。オムレツも好みの具材を指定して作ってもらえます。昼は初めてメインダイニングに行ってみました。入り口でルームナンバーを聞かれ、端末で確認しています。日本語メニューも用意してくれました。乗客の要望や誕生日などのデータもチェックしているんでしょうね。昼もコースメニューで前菜3品、スープ・サラダ3品、メイン7品、スィーツ5品・アイスクリーム5品から1品づつ選びます。日本語メニューでもイメージできない料理がけっこうありました。フランス料理などを食べ慣れていないんですね(笑)

メインは蜂蜜風味のてりやきサーモンを食べました。昨日もサーモン、今日もサーモンです(笑)ディナーもサーモンにしたのでサーモン三昧です。てりやきサーモンも美味しかったですね。スィーツは頼みませんでした。ディナーもそうだったんですが、日本人は同じテーブルに誘導してくれるようです。せっかく海外に来たんですから外国の方々と交流するのも楽しいと思うんですが、実際に隣り合わせになっても挨拶程度でなかなか話しかけられませんね。片言の英語でも通じると嬉しいので、明日は「ノー ジャパニーズ テーブル プリーズ」と言ってみましょうか。これで正しいのかな?一体どんなテーブルに案内されるんでしょうか(笑)

昼からも船内見学の続きを行い、ショッピングアーケードを制覇し、これでほぼすべて見て回りました。天気がいい時は9階最後方のプールデッキ、天気が悪い時は10階最前方のCROW'S NESTというフリースペースがベストだと感じました。

部屋に戻って横になっていたら眠くなり、また昼寝をしてしまいました。昨日もあまり寝ていないので疲れているんですね。結局20時前まで寝ていました。そしてスーツに着替えフォーマルディナーです。船内の雰囲気もいいので豪華客船に乗っているんだなと感じますね。ショーラウンジでは船長主催の催しもあったんですが、寝ていて見過ごしました(笑)

ディナーは豊富なメニューから選べて迷いますね。メニューが多いので希望に○を付けてスチュワードに渡します。メインはチキンか蟹などにしようかなと思っていましたが、サーモンがシェフのお薦めになっていたので、またサーモンの「網焼きサーモンのジンジャー&コリアンダーバジルソースがけ」にしました。こちらも美味しかったですね。メインだけでも11品から選ぶことができました。スープとサラダが同じグループなので、どちらかしか選べません。コースとはそういった感じなのでしょうか?前菜がサラダ的とも言えますが。 夜もスィーツはノーサンキューで、バーなどのある2階を散歩しました。バーもたくさんありますが、弦楽四重奏を生演奏していたり、ピアノの弾き語りをしていたりと船内はいい雰囲気です。スーツを着るのは面倒ですが、たまにはこんな雰囲気に包まれるのもいいかもしれません。ショーラウンジでは、宝塚のようなショーをやっていました。宝塚を見たことはないので、ハリウッドのショーと言った方が正確かもしれません。まあ本場ハリウッドのショーも観たことはないんですが(笑)迫力ある歌と踊りで楽しめました。 そして部屋に戻り日記を書いています。今日は時差が発生し、1時間時計を戻します。1時間得をするので少々の夜更かしも大丈夫です! 明日はいよいよメインの世界遺産「グレーシャーベイ国立公園クルーズ」です。早めに寝て明日に備えたいですね。  ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 旅行ブログへ

posted by 財満 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

アラスカクルーズ1日目

12時過ぎに乗船しましたが、ウェステルダム号は今朝シアトルに着いて乗客を降ろしたところなので、部屋は掃除中ですぐには入れません。乗客は9階のリドレストラン(ビュッフェスタイルのレストラン)でランチを取ることができ、9階最後部のプールデッキなどで思い思いに過ごしています。天気がいいのでプールデッキも気持ちいいですね。

私はPCを持って行ったので、持ち歩くのが大変で荷物だけでも置きたいと部屋に行ってみました。私の部屋は4階前方の内側キャビン4024号室です。

009.jpg
すると部屋に入ることができたので、少しベッドで休ませてもらいました。休んでいると部屋の掃除に来たので、船内見学をしながら9階のリドレストランへ食事に行きました。

全長300m近い大きな船ですが、比較的分かりやすいなと感じました。9階はプール・ジャグジーがそれぞれ2ヵ所あり、その間がリドレストラン(ビュッフェ形式)になっています。レストランで食事をすることもできるし、両側のプールデッキで食事をすることもできます。メニューもサラダからフルーツ、パスタ、サンドウィッチ、グリルなど豊富です。飲み物もアルコールは有料でしたが、水も無料でありました。ミネラルウォーターは有料です。水もトパーズと比べるとずっと美味しいです(笑)

アラスカクルーズということで名物のサーモングリルもあり、さっそく食べてみました。焼いているだけですがとても美味しいですね。3つくらい食べてしまいました。寄港地のオプショナルツアーでサーモンベイク(野外でサーモンなどのバーベキューを行う)に行くと36$くらいかかりますが、船内で食べることができたのでありがたいです(笑)ビュッフェということでやはり食べ過ぎてしまいました。ブロッコリーやカリフラワーは生のまま置いてありました。アメリカ人は茹でずに生でたべるんでしょうか?

ランチ後はプールデッキで同じツアーに参加した人とおしゃべりしていました。旅慣れた人が多いので話を聞いていても参考になりますね。エコノミーは狭くて眠れないので、もっと飛行機を利用してマイル会員のグレードを上げて、無料アップグレードで旅行したいですね!湾岸戦争の時にピースボートにも乗っていたそうです。

14時からはピアノバーで、クルーズプラネットのスタッフが質問に応えてくれる時間を設けてくれたので、聞きに行ってきました。今回は自由行動中心にして、現地の割安なツアーを探そうと思っていますが、アラスカは観光シーズンが始まったばかりで、現地ツアー会社が営業開始しているのか心配でした。ホームページやガイドブックでも、5月中旬から開始などあいまいな感じでしたが、クルーズ船が運航しだしたので現地の旅行会社もたくさんブースを出しているとのことで安心しました。船会社主催のオプショナルツアーは割高なので、現地旅行会社のツアーが始まっているのはありがたいですね

預けた荷物が部屋に届くのは17時ごろになるかもとのことで、部屋に戻りゆっくりしていました。出航は16時の予定で、その後に避難訓練があると聞いていましたが、部屋に船内新聞が届いており(もちろん英語です)15時15分から避難訓練Boat Drillがあるようです。英語の案内放送も入り早速救命胴衣を着て、避難開始の放送が入る前に集合場所へ行きました(笑)

すでに多くの人が来ていました。英語で放送が入っても何を言っているのか分からないので、事前にどんなことが予定されているのか案内してもらえるのは助かります。
16時前になりそろそろ出航かなとデッキに上がりましたが、まだ荷物の積み込み中で出航しそうな気配がありません。曇って風も出てきて寒かったので、船内見学の続きをしていたら、17時前にいつの間にか出航していました(笑)ほとんど揺れないので気付きませんでした。汽笛なんかも鳴らなかったんじゃないかな?聞き漏らしただけかもしれませんが。正確には16時52分にシアトルを出港しました。これから7泊8日のアラスカクルーズが始まります。

船内を歩き疲れ、今朝の日本出発から27時間寝ていないので、部屋でベッドに横になっていたら深い眠りに落ちてしまい、キャビンスチュワードが明日の船内新聞を持ってきてくれましたが、寝ぼけた状態(笑)で受け取りました。レストランに行こうかなとも思いましたが、昼にたくさん食べたのであまり空腹感も感じず、また横になっていたら次に目が覚めたのが21時前でした。ウェステルダム号のベッドは寝心地がいいですね。メインダイニングは21時終了ということで、初日のディナーを逃してしまいました(笑)
9階のリドレストランに行ったら、水とお湯がもらえパスタ・ピザのサービスがあったので、パスタを食べました。この船のクルーはインドネシア人が多いようです。レストランで少し話しましたが、またインドネシア語を思い出すいいきっかけになるかもしれません。
1回目のピースボート地球一周クルーズ時に、キャビンスチュワードがインドネシア人で、挨拶など教えてもらったので思い出したいですね。21時半からはビスタラウンジ(最前方にある3層構造のショーラウンジ)でショータイムだったので少し見てきました。豪華客船らしい歌やダンスのショーです。乗客も舞台に上がってのゲームなどで盛り上がっていました。アメリカ人は盛り上がり方が違いますね!こんな感じで1日目が終了し、シャワーを浴びてから今日記を書いています。中途半端に寝ているので、目が冴えてしまいました(笑)
まあ明日は終日クルーズなので、ゆっくり過ごします。

013.jpg

   アラスカクルーズ日記 トップページへ

   アラスカクルーズ トップページへ
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 旅行ブログへ
posted by 財満 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シアトル到着!

今朝は9時ごろに家を出て、名鉄で中部国際空港セントレアに向かいます。昨日は旅行の準備をしたり、ネットオークションに出品したりと、アラスカクルーズ前日とは思えない1日を送りわーい(嬉しい顔)寝たのは2時過ぎでした。出発当日から寝不足ですあせあせ(飛び散る汗)

セントレアには出発2時間前の10:45集合です。添乗員付きのツアーではないので、チケットはクルーズプラネットで予約してくれますが、ウェステルダム号に乗船するシアトルまでは各自で移動します。その分お値打ちな価格設定になっています。このような個人旅行とパッケージツアーのいいとこ取りの形式は今年から導入したそうです。

ノースウエスト航空NW078便でセントレアから成田に向かいます。12:45発予定でしたが、乗客が少ないためか12:27にはドアクローズで12:37には離陸しました。ジュースを飲んだだけで13:23には成田に着陸し、シアトル行きのNW008便に乗り継ぐため移動しました。今回はパソコンを持って行くので、荷物検査の都度取り出さなければいけないのが面倒ですね。
NW008便はエアバスA330を使用していて、成田を15:49に離陸しシアトルに8:38着陸(日本時間で11日0:38)しました。成田からシアトルまで約9時間のフライトでした。

成田を夕方出てシアトルに朝到着というスケジュールなので、機内で眠れば時差ぼけもないと思いますが、狭いエコノミーではやはり眠れません。前夜もあまり寝ていないので疲れているはずなんですが、高揚感からかそれほど眠気も感じません。ノースウェストは荷物の扱いが荒いのか、キャスターが2つ取れていましたもうやだ〜(悲しい顔)荷物の移動が大変ですexclamation×2

入国時には両手の指紋を採られ、写真も撮られるので時間がかかります。日本語の話せる人が1人いて、入国書類などをチェックしてくれたので助かりました。審査では色々英語で質問されて戸惑いました。今まで地球一周時の入国ではほとんど質問などなかったので(笑)

無事入国審査を済ませ、空港内の地下鉄に乗り到着ゲートに向かいました。ゲートではクルーズプラネットの現地係員が待っていました。日本人が一緒に乗ってくれるのは心強いですね。ここで今回のツアーが総勢31名だと分かりました。名古屋からは6名、関西から9名、成田から16名でした。空港からはホーランドアメリカの専用バスで客船ターミナルへ向かいました。今回は我々だけで貸切になったので、車内で今後の予定について説明してくれました。

10時頃バスに乗り込み10:40過ぎに客船ターミナルに到着しました。
空港から客船ターミナルへ行く間にシアトルのダウンタウンを通り、スターバックスの本社ビルやマリナーズ本拠地セーフコフィールドの近くなどを通りました。シアトルは緑も多くきれいな街ですね。客船ターミナルには、大型客船のスタープリンセスとウェステルダム号が並んで停泊していて迫力を感じました。あまり自由に移動できなかったことと、船が大きすぎて写真に収まらなかったのが残念です。
大型客船が2隻も停泊しているので、乗降客が多くたくさんのバスや車で渋滞していました。見えているのはウェステルダム号ではなく、プリンセスクルーズのスタープリンセスです。同じスケジュールで運航しているので、ジュノーやビクトリアでも見かけました。

11時過ぎからチェックインが始まりました。新型インフルエンザの影響で、熱がないかなどの健康告知書の提出も必要です。チェックイン手続きはネットで済ませていたので、それほど手間はかかりませんでしたが、色々英語で聞かれ質問が分からずちょっと戸惑いました。チェックインが終了するとカードキーが渡され、そこに書いてある番号毎に乗船していきます。20分ほど待っていましたが、12時頃には船内に入ることができました。

 手前が手荷物検査場で、奥がチェックインカウンターと待合所になります

今回はHIS子会社のクルーズ専門会社クルーズプラネットに手配をお願いしています。シアトルまでは各自で集まり、集合場所で説明などを受け船に乗り込みます。添乗員付きのパックツアーと個人旅行のいい所を組み合わせたような商品です。お得な値段を実現しながら、客船ターミナルへの移動や船内生活について日本語で説明してもらえ、船内にも日本人スタッフが2人乗っている安心感があり、いいツアーだと思います。船内の案内はすべて英語なので、慣れない(笑)豪華客船で戸惑うことも多いですが、日本語でサービスしてもらえるのは本当にありがたいですね。たぶん個人手配で行っていたら、分からないことだらけで船内生活に困っていたと思います。いいツアーを見つけたな〜と感じました。

今回のクルーズは成田発で13.8万円(内側キャビン)から、名古屋発でも14.8万円からとお得です。もちろん内側キャビンで十分です。乗船しているウェステルダム号は、ホーランドアメリカラインの客船ですが、この会社の本社はシアトルだそうです。HISが日本総代理店となり直接契約しているので、お得に提供できています。さらに今年から添乗員の付かない今回のような形式の募集も始めたそうです。

ホーランドアメリカラインはシアトルの会社ということで、アラスカクルーズにも強くて、アラスカクルーズ・お得で内容充実と言えばやはりホーランドアメリカラインだと言っていました。アラスカの寄港地でも比較的いい場所に停泊できたり、今回の目玉である世界遺産のグレーシャーベイクルーズでも一番奥まで入って行ける権利を持っているらしいです。
グレーシャーベイは環境面から1日に入れる大型客船数は2隻までと決まっていて、さらに最奥まで入れる権利を持っているのは、ホーランドアメリカラインとプリンセスクルーズのみと言われています。プリンセスクルーズはさらに豪華ですが、その分値段もお高いのでホーランドアメリカラインが手軽でお薦めです。湾の一番奥まで入って行けるということは、氷河まで一番近づけるということですから、迫力も増して楽しみですね。昨日確認した最新の天気予報では、当日は風が強くて雨混じりの天気で寒いというのがちょっと心配ですが、まああくまで予報ですから、今回は外れるといいですねわーい(嬉しい顔)
   Glacier Bay National Park and Preserveの10日先までの天気予報

乗船する際に撮った写真。後方部分ですが、船が大きすぎて一部しか写りません(笑)


   アラスカクルーズ日記 トップページへ

   アラスカクルーズ トップページへ
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 旅行ブログへ
posted by 財満 at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | クルーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。