2019年07月17日

クルーズ旅日記目次

世界一周クルーズ旅日記のページにようこそ!
このホームページでは、いろんな所に旅行した時の様子をまとめていきたいと思っています。
最近は海外クルーズが中心になっています。
世界自然遺産を見るのも大好きですし、これからもいろんな場所を訪れてみたいと思っています。
少しづつ内容も充実していくと思いますので、私の旅行記をお楽しみください♪

 今までに訪問した国々一覧 37ヵ国(2013年4月現在)

毎月名古屋市でキャッシュフローゲーム会を開催 しています。
投資について気軽に話すことができ、投資仲間が集い楽しめる場として毎月楽しみにしています。投資や旅について色々と語り合いたい方はぜひ遊びに来てくださいね!
   2013年12月14日(土)13時から 中村生涯学習センターにて
詳しくは 次項有  名古屋キャッシュフローゲーム会のご案内

2013年4月13日(土)〜4月23日(火)

 コスタマジカ号 エーゲ海クルーズ
エーゲ海クルーズ

2009年5月10日(日)〜5月18日(月)

 ウェステルダム号 アラスカクルーズ
00120090519152300703.jpg

2009年4月22日(水)

 ピースボート オセアニック号船内見学会

2008年8月2日(土)〜8月3日(日)

 きらきら合宿 in 乙女渓谷

2008年7月22日(火)〜7月27日(日)

 小笠原 父島訪問記

2008年1月12日(土)〜4月28日(月)

 第60回ピースボート地球一周の船旅
スエズ運河もパナマ運河も通らない南回りクルーズです。アフリカ最南端の喜望峰、南アメリカ最南端のホーン岬を越えて、南極遊覧も含む地球一周クルーズです

2005年2月3日(火)〜5月18日(水)

 第48回ピースボート地球一周の船旅

 スエズ運河とパナマ運河を通過するオーソドックスな世界一周クルーズです
posted by 財満 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

エーゲ海クルーズ バーリ

コスタマジカで行くエーゲ海・サントリーニ島・コルフ島とアドリア海の真珠ドブロブニククルーズ11日間
の寄港地を紹介
していきます。
どの寄港地も世界遺産!という感じで、毎日見応えのある寄港地が続きました!
前から行ってみたかった場所が続くので、ゆっくりと船内生活を楽しめないほどでした(笑)

まずは最初の寄港地 バーリ(イタリア)を紹介します。
寄港日 2013年4月16日(火) 12時頃にバーリ新港に着岸
乗船タイムリミット 18時  18時30分 カタコロンに向けて出港
アルベロベッロ
 コスタマジカからのバーリ新港の眺め
今日も快晴でとても良い天気です!日差しも眩しくて、南イタリア!という感じです。
初の寄港地バーリに昼頃到着しました。バーリはアドリア海に面したプーリア州の州都で、南イタリアの玄関口になります。港にはフェリーなども停泊していました。
バーリ近郊の観光地としてはアルベロベッロが有名ですが、オプショナルツアーで訪れる人も多いため、埠頭にはバスがたくさん待機していました。
ツアーに参加しない乗客向けに、バーリの中心地Eroi del Mareまでのシャトルバスが往復6ユーロで用意されていますが、港から市街地までは十分歩いて回れる距離です。
私は船会社主催のオプショナルツアーで、世界遺産アルベロベッロに行きましたが、バスから見ていると、港から歩いている人もたくさんいました。
アルベロベッロ
港の中にもとんがり屋根のトゥルッリを模した建物が建っています。
アルベロベッロまで行かなくても雰囲気だけは味わえるかも(笑)
今回のクルーズは参加者が80名以上と多いので、船会社主催のオプショナルツアーに加えて、クルーズプラネット主催のオプショナルツアーもすべて催行されています。クルーズプラネット主催のツアーはバスを借り切り、日本語のガイドとクルーズプラネットの添乗員が同乗します。
一方、乗船後にオプショナルツアーに申込むと、クルーズプラネット主催のツアーが満席の場合、船会社主催の英語ガイドツアーに混載となります。英語よりイタリア語やドイツ語の方が得意だ!という人には、たぶんイタリア語やドイツ語ガイドのツアーもあると思います(笑)
英語ガイドツアーはコスタマジカ前方のウルビーノ劇場が集合場所になります。
乗車するバス番号のシールを渡されるので、上着やカバンなどの見える場所に貼っておきます上着に貼るといつの間にか剥がれ落ちていることもあるので注意が必要です。
下船の準備ができると順番にバス番号がアナウンスされるので、自分の番号が呼ばれたらギャングウェイから下船します。下船時にはコスタカードが必要です。
今回は日本語ガイドツアーが満席で、乗船後に申込んだ人は混載の英語ガイドツアーになり、参加者が多かったので、クルーズプラネットの添乗員も同行してくれました。さらにコスタマジカ号の日本人コーディーネーターも同乗していて、完璧なバックアップ体制でした。
通常コスタマジカには1名の日本人コーディーネーターが乗船していますが、今回はちょうど交代の時期だったので、引継ぎのため2名が乗船していました。
クルーズプラネットのクルーズツアーに申込んだ人は80名以上と大所帯だったので、添乗員も4名体制です。寄港地では船内に待機する人、オプショナルツアーに同乗する人に分かれますが、添乗員が2名だと英語ガイドツアーに同行する余裕はありません。今回は4名体制だったので、ラッキーでした。

12時40分頃下船しバスに乗り込みます。入り口でツアーバウチャーをコスタの係員に渡し乗車します。車内でもコスタカードをスキャンして本人確認?をするので時間がかかり、出発は12時50分でした。
アルベロベッロまでのルートは行きと帰りで違いますが、どちらも1時間ほどでした。
アルベロベッロ
行きはTuri、Putignanoなどの内陸部を通ってアルベロベッロに向かいます。
帰りはMonopoliなどのアドリア海沿いを通ってバーリに戻ります。帰路はパノラマロードと名付けられているルートで、アドリア海の眺めがとてもきれいでした。
英語ガイドなのでどんな説明をしているのかは断片的にしか分かりませんが、通過する街の特産品の紹介などをしていました。Turiなどはチェリーが特産品で美味しいそうで、桜の花が満開でした。
アルベロベッロ
他にもワインやオリーブオイルが有名だそうで、この辺りは農業が産業の中心のようです。のどかな風景が広がっていました。

出発して40分が過ぎた頃になると、木々の合間にトゥルッリが顔を出すようになります!
アルベロベッロ
移動しているバスの車窓からの撮影なのでなかなかきれいに撮れませんが、農村風景の中に溶け込んだトゥルッリもいいですね。アルベロベッロに近付いているんだな〜という感じがしてきます!
いくつかの街を通り抜け、14時前にアルベロベッロに到着しました。1時間10分ほどでした。
バスは街の中心部からは少し南の駐車場に着きました。ここが集合場所にもなります。
アルベロベッロ
上記写真の右下がバスの駐車場で、ピンクで囲んでいる辺りがトゥルッリが密集しているアイアピッコラ地区とリオーネモンティ地区です。これらの北側が街の中心部になります。
アイアピッコラ地区のトゥルッリは今も住居として使われていて、散策していてもここで生活しているんだな〜と感じます。お土産やなどもほとんどありません。一方のリオーネモンティ地区は華やかな商業地区で、お土産屋さんが並び、客引きに大忙しです!
下車後、集合時間は16時20分でこの駐車場に集合と案内され、トゥルッリ観光に向かいます。約2時間20分ほどの滞在ですが、アルベロベッロはそんなに広い街ではないのでちょうど良い感じでした。
ツアーの概要は、まずガイドさんの案内で見どころを見て回り、レストランで名物料理とワインの試食・試飲を行い、その後は集合時間まで自由行動というスケジュールです。

英語ガイドさんが引率していきましたが、クルーズプラネットの乗客はクルーズプラネットの添乗員さんとコスタマジカの日本人コーディーネーターの方が案内してくれました。といっても日本人コーディーネーターの方は今後の案内のために添乗している感じで、案内しているというより勉強している感じでした(笑)
クルーズプラネットの添乗員の説明をメモするなど、熱心に勉強していました。
 続きは> エーゲ海クルーズ アルベロベッロ観光

   コスタマジカ号エーゲ海クルーズ トップページへ
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 旅行ブログへ
posted by 財満 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

今までに訪問した国々

初めての海外は仕事での東南アジア出張でした。
1995年4月10日〜4月18日
(4ヵ国訪問)


インドネシア ジャカルタ(1995年4月10日 仕事で出張)
マレーシア クアラルンプール、ジョホールバル(1995年4月13日 仕事で出張)
シンガポール(1995年4月16日 仕事で出張)
フィリピン・マニラ(1995年4月18日 仕事で出張)

2回目の海外はピースボート48回クルーズでの地球一周
2005年2月3日〜5月18日(105日間で地球一周)
前回の海外旅行?からちょうど10年後だったんですね!
(17ヵ国訪問 新規は16ヵ国 累計20ヵ国)

写真はこちら→http://1oku.syuriken.jp/PeaceBoat48.htm

中国 上海(2005年2月6日〜7日)
ベトナム ダナン(2005年2月11日)
シンガポール (2005年2月14日) 2回目です
インド コーチン(2005年2月19日〜20日)
ケニア モンバサ(2005年2月27日〜28日)
エリトリア マッサワ(2005年3月6日)
エジプト スエズ運河、ポートサイド、カイロ(2005年3月9日〜10日)
リビア トリポリ(2005年3月14日)
イタリア チビタベッキア、フィレンツェ(2005年3月16日〜17日)
フランス マルセイユ(2005年3月19日)
スペイン ラスパルマス(2005年3月23日)
ジャマイカ モンテゴベイ(2005年4月2日)
パナマ クリストバル(2005年4月4日)
     パナマ運河(2005年4月5日)
ペルー カヤオ、クスコ、マチュピチュ(2005年4月9日〜11日)
チリ バルパライソ(2005年4月15日)
チリ イースター島(2005年4月21日〜22日)
タヒチ パペーテ、モーレア島(2005年4月28日〜29日)
アメリカ ハワイイ ワイキキ(2005年5月6日〜7日)

3回目の海外は韓国 済州島への旅行
(1ヵ国訪問 累計21ヵ国)

韓国 済州島(2006年4月17日〜19日)

4回目の海外は台湾 台北への旅行
(1ヵ国訪問 累計22ヵ国)

台湾 台北(2007年4月18日〜20日)

5回目の海外はエジプト・トルコへの旅行
2007年5月20日〜6月1日
(2ヵ国訪問 累計23ヵ国)

エジプト カイロ(2007年5月20日〜22日) 2回目のエジプトです♪
トルコ イスタンブール、アンカラ他(2007年5月22日〜28日)
エジプト カイロ、アレクサンドリア(2007年5月28日〜6月1日) 3回目の入国(笑)

6回目の海外はピースボート60回クルーズでの地球一周 2回目♪
2008年1月12日〜4月28日(108日間で地球一周)
(15ヵ国訪問 新規は11ヵ国 累計34ヵ国)

中国 香港(2008年1月17日) 2回目です
ベトナム ダナン、ホイアン(2008年1月19日) 2回目です
シンガポール (2008年1月17日) 3回目です
セイシェル ポートビクトリア(2008年1月31日)
南アフリカ リチャーズベイ(2008年2月6日〜8日)
南アフリカ ケープタウン(2008年2月11日〜12日)
ナミビア ウォルビスベイ(2008年2月14日〜15日)
ブラジル リオデジャネイロ(2008年2月24日)
アルゼンチン ブエノスアイレス(2008年2月28日)
フォークランド諸島 ポートスタンレー(2008年3月3日)
アルゼンチン ウシュアイア(2008年3月3日)
南極 (2008年3月9日〜11日)国ではないですし、上陸もしていませんが(笑)
チリ プンタアレナス(2008年3月14日〜15日)
チリ バルパライソ(2008年3月20日) 2回目です
チリ イースター島(2008年3月26日〜27日) 2回目です
タヒチ パペーテ、モーレア島(2008年4月3日) 2回目です
ニュージーランド オークランド、ロトルア(2008年4月11日〜14日)
オーストラリア シドニー、ブルーマウンテンズ(2008年4月14日〜16日)
パプアニューギニア ラバウル(2008年4月21日)

7回目の海外は中国 東北部への旅行
(1ヵ国訪問 累計34ヵ国変わらず)

中国 瀋陽、大連(2008年6月11日〜14日) 3回目です

8回目の海外はアメリカ シアトル発着のアラスカクルーズ
2009年5月10日〜18日
(アメリカ、カナダの2ヵ国訪問 新規はカナダ 累計35ヵ国)
(パスポートへの入国スタンプはなし)

9回目の海外はヨーロッパ イタリア ヴェネチア発着のエーゲ海クルーズ
2013年4月13日〜23日 前回からかなり期間が空いてしまいました^_^;
イタリア、ギリシャ、クロアチアの3ヵ国訪問 新規は2ヵ国 累計37ヵ国)
(パスポートへの入国スタンプはなし)
エミレーツ航空利用だったので、経由地ドバイのアラブ首長国連邦も含めれば38ヵ国

次はどこでしょう♪
円高のうちに海外を回りたいですね(笑)
posted by 財満 at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

きらきら合宿 in 乙女渓谷


8月2日(土)〜3日(日)にキャンプに行ってきました♪

久し振りのキャンプだな〜と思っていましたが、振り返ってみれば今年2回目のキャンプでした。
1回目は2月14日バレンタインデーに、ナミビアの砂漠でキャンプをしました。
これも予想外のハプニングが起きたりして楽しかったですね♪

 砂漠でキャンプは <<<こちら>>>

今回のキャンプはきらきら塾の主催です。それぞれがきらきらと輝いている素敵な仲間達です♪
ピースボートに乗った人も半分位はいて、クルーズを越えた交流が広がっています。
8時過ぎに神領駅をマイクロバスで出発しました。
目指すは乙女渓谷キャンプ場です!

 乙女渓谷キャンプ場は こちらです♪

車中ではアイスブレイクやミニワークなどで盛り上がり、喉が枯れてしまいました(笑)
10時半頃に到着しましたが、さすが山の中だけあって名古屋よりずっと涼しいですね。
先週は小笠原で海を満喫し、今週は山と渓谷を満喫できるなんて幸せです♪

k1.jpg k2.jpg

10時半頃キャンプ場に到着しました。
まずはキャンプ中に使う食器作りをしました。竹を割ったり、切ったりして、皿、みそ汁用のお椀、コップを作ります。
皿は太い竹を半分に割って作りますが、ナタで割るのはなかなか難しいですね。慎重にやるとなかなか割れませんが、思い切って振り下ろすときれいに割れました。
竹で作った食器とは涼しげでおしゃれな感じです。
竹は定期的に切らないといけないそうで、竹を使った食器は環境にもやさしいそうです。
きらきら塾らしいこだわりですね。

k3.jpg k5.jpg

その後は早速、竹の食器を使って流しそうめんの昼食です。きれいな渓谷で行う流しそうめんは風流ですね〜(笑)
大自然の中で食べるそうめんは美味しかったです♪

k4.jpg k8.jpg

トマトなどの野菜もきらきらファームで無農薬栽培していて、とても甘くて美味しかったです。
川の水で冷やしましたが、とても水が冷たいのでよく冷えます。
ビールもほどよく冷えました \(^o^)/

k6.jpg ←手前が落ち葉、奥2つがターメリック

午後はTシャツ染めを楽しみました。
白いTシャツに輪ゴムで模様を付けて、それをターメリックと落ち葉から作った汁の中で煮て色を付けます。
私は黄色が好きなので、ターメリックを選びました。
きれいな黄色に染まりました。川の水にさらして、干せば完成です。

k7.jpg ←輪ゴムの部分が白くなります

思い通りの模様になった人もいれば、意外な模様になった人もいたりして面白かったですね。

夕食は皆でカレーを作りました。

k9.jpg ←大鍋でのカレー作りです♪

私は火を付けるのが得意なので、かまど係になりました。今回はまきでごはんやカレーを炊きましたが、まきを使うのは久し振りですね。普通は炭でBBQというパターンが多いですからね。
まきも乾燥しているのかいい燃え具合でした。煙たくて涙と鼻水が止まりませんでしたが(笑)

カレーも水ではなく米の研ぎ汁を使うというこだわり様です。お米も無農薬米なので、研ぎ汁まで使えるそうです。栄養たっぷりでマイルドなカレーができそうですね♪
ファームで作ったタマネギやじゃがいも、カボチャ、ゴーヤなどを入れてカレーが出来上がりました。思ったよりルーが少なくて、途中で買いに行ったりしましたが、おいしいカレーが出来上がりました。

k10.jpg ←竹の器がおしゃれですね♪

おいしくて3杯ほどお替わりしてしまいました。

夜はキャンプファイヤーです!
夜は寒い!と聞いていましたが、ホントに寒いですね。
名古屋とはまったく気温が違います。こちらでは熱帯夜などありえないんじゃないか?と感じました。

キャンプファイヤーでは、いろいろ趣向を凝らしたゲームや演出があり楽しめました。
最後のたいまつを使ったパフォーマンスも素晴らしかったです。ニュージーランドのポイをたいまつで行うような感じで、とても迫力がありました。愛知県ではキャンプファイヤーの最後によく行われるそうです。私は初めて見ました。
その後は夜2時まで懇親会となりました。
やっとお酒が解禁ということで、楽しみにしている人もたくさんいました(笑)
私も久し振りにビール、日本酒の冷酒、泡盛などを飲み、酔いました。
前日あまり寝ていないこともあり、宴会途中に抜けて1時頃に眠りにつきました。

翌日は7時過ぎに目覚め、軽くパンの朝食を楽しみました。
その後はフリータイムとなり、参加者へのメッセージを書いたり、川へ遊びに行ったり思い思いにすごしました。

k11.jpg ←皆でおにぎり作り

昼前には、佐藤初女さん直伝のおにぎり作りを楽しみました。

k12.jpg ←竹の食器に盛ったおにぎりは絵になります

おにぎりの昼ご飯後はまたフリータイムとなり、私は乙女渓谷を歩いてきました。

k13.jpg k14.jpg

水がとてもきれいで、清流の流れる音にも癒されますね。こんな素晴らしい渓谷が近くにあるとは知りませんでした。

フリータイムを楽しんだ後は、後片付けをして出発準備です。最後に、昨日作ったTシャツを着て、全員で記念撮影をしました。
14時にはキャンプ場を出発し、付知峡倉屋温泉「おんぽいの湯」を目指します。
やはり温泉は最高ですね♪ここの温泉は、肌がつるつるになる感じで、いいお湯でした。

 おんぽいの湯は こちらです♪

k15.jpg

温泉にも浸かりゆっくりした後は、みんな熟睡です(笑)
18時頃神領駅に到着し、解散となりました。
ふつうのキャンプとは少し違う、趣向をこらした楽しいワークキャンプでした。

前々から入念に準備を重ねて、楽しいキャンプを企画してくれたスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。
とても楽しい2日間になりました♪
posted by 財満 at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

小笠原旅行記


〜〜〜小笠原旅行記〜〜〜

og_top3.jpg

境浦のビーチ


おがさわら丸に乗って、初めての小笠原 父島に行ってきました♪

   
og_top2.jpg

おがさわら丸 6,700トン 定員は1,043名(トパーズ号並み!)


夏休みシーズンに突入した7月22日から27日にかけて、小笠原に行ってきました。
海もきれいで景色も素晴らしく、とても気に入りました。

小笠原の風景の一部をお楽しみください♪
下記の日付をクリックすると、日記と写真を見ることができます。
ぜひ皆さんも実際に訪れて、小笠原を実感してみて下さいね!!!

 2008年7月22日(火) 小笠原に向けて出発!

 2008年7月23日(水) 小笠原 父島到着!

 2008年7月24日(木) 1日ドルフィンスイムツアー♪

 2008年7月25日(金) 父島島内一周♪

 2008年7月26日(土) ついに父島最終日

 2008年7月27日(日) 東京到着


特に父島の南にある南島の美しさは特筆ものです!
ぜひまた行きたいですね♪
今度はゆっくりと島に滞在します!


南島の扇池の景色

og_top1.jpg



posted by 財満 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

東京到着!


2008年7月27日(日) 東京到着

昨夜は快適なベッド?でゆっくり休めました。2枚重ねの毛布を2段敷いているので、寝心地もよく最高です。あまりに気持ちいいので、今日もゴロゴロして過してしまいました(笑)

6時過ぎに起きて、島で買ったバナナとSさんからいただいたパンで朝食です。食後も横になって本を読んだりしていましたが、8時頃に八丈島が見えるとアナウンスがあり見に行きました。
遠くに島影が見え、写真を撮ろうとしましたが、カメラが曇って撮れませんでした。船内外の湿度差が大きいですね。不快指数はかなり高そうです。
早速小笠原に帰りたくなりました(笑)
15時半に到着予定でしたが、何度かアナウンスがあり15時50分頃に遅れそうです。波の影響なのでしょうか。

東京の竹芝桟橋に到着したのは15時47分ごろでした。
こうして楽しかった小笠原旅行は無事終わりました。

なかなか小笠原に行く機会はなかったんですが、今回誘っていただいて小笠原を満喫することができました。そして小笠原が大好きになりました。
皆さん本当にありがとうございました。
きっとまた、小笠原に帰りますね!


og74.jpg
posted by 財満 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

ついに父島最終日

2008年7月26日(土) ついに父島最終日

いよいよ父島での最終日です。今日の14時に出港です。
9時半頃から街を散歩して、お土産を買ったり、船内での食料を買ったりしました。今回はバナナとキューリを購入しました。

og66.jpg ←階段を登った所が大神山神社です

街の背後には大神山神社という見晴らしのいい場所があるので、時間もあることから急な石段を登ってみました。
展望台まで行くと街が一望できました。日陰がないので暑いですが、景色を見ていると涼しい気分になってきます。

og73.jpg←奥に見えるのが塹壕跡 og67.jpg

展望台に行く途中には、塹壕跡を利用したトンネルもありスリリングです。
トンネルの中はひんやりとして涼しかったですね。

og68.jpg og69.jpg ←日替ランチ 鮪ステーキ

その後はSさん達と合流し、海の見えるおしゃれなイタリアンレストラン『BUONO HORIZON』で、ランチを楽しみました。島の情報や、おがさわら丸の乗り方などいろいろと教えてもらいました。旅行先に友人がいると心強いし楽しみが倍増しますね!60回クルーズでニュージーランドに行った時も、現地ガイドのMやんが案内してくれたし、本当にありがたいね♪などと話していました。今回は小笠原出身のOさんのお誘いで小笠原に行く機会ができ、父島に住んでいるSさんのおかげで楽しみ方の幅が広がり、本当に感謝しています。ぜったいにまた遊びに行きますね!

og70.jpg og71.jpg

定刻の14時に、島のみなさんのお見送りを受けながら出港しました。太鼓を叩いてくれたり、盛大な見送りで送り出してくれました。この様子を見たら、また来たいなときっと思いますよね!

og72.jpg お見送りの動画は<<<こちら>>>

さらに港を出るとたくさんのボートが追いかけてきて、おがさわら丸を見送ってくれました。これはまた来ない訳にはいきませんね(笑)
(それにしてもユーチューブに動画をアップすると、どうしてこんなに画質が悪くなるんでしょうか。何か設定のコツがあるんでしょうか?)

こうして楽しかった島での日々は終わりました。
帰りは遠くに台風が発生しているためか、来た時よりは揺れています。しかし、おがさわら丸に乗るコツを教えてもらったので、毛布を2枚下に敷き、体も痛くならずに休むことができました。
夜には上部デッキの灯りを消して、星空見学会も開かれました。30分ほど灯りを消して、満点の星空を楽しみました。さそり座がきれいに見えました。
明日は東京です。もっと父島に滞在したかったですね。
posted by 財満 at 20:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

島内一周♪


2008年7月25日(金) 島内一周♪

og45.jpg ←今日の朝食

今日もいい天気です♪
昨日は船で父島の周りを回りましたが、今日はレンタカーで島内を一周です!
といっても南の方には道路がないので、回れるのは半分くらいです。
まずは小笠原海洋センター(地元ではカメセンターと呼ばれている)に行って、ウミガメを見てきました。昨日南島でウミガメの卵を探していたのが海洋センターの人達です。ここの人達はボランティア中心に運営されているそうです。ウミガメを保護するため、観光客のたくさんくる砂浜で産卵した卵を海洋センターで育てたり、昨日の様に産卵場所に印をつけたりと色んな活動をしています。

 小笠原海洋センター→http://bonin-ocean.net/

og46.jpg og47.jpg

ここではウミガメにおやつの野菜をあげたり、子カメを見たりすることができます。子カメはとてもかわいいですよ!

次は境浦へ!バス停から坂を下ってビーチに向かいます。

og48.jpg og49.jpg ←バス停もかわいいですね

ここは美しいビーチですが、沖合いに太平洋戦争中に座礁した濱江丸の赤錆びた船体が残っています。船の周りにはたくさんの魚もいるそうで、シュノーケリングなども楽しそうです。
休憩所もあるので、美しいビーチを眺めながらゆっくりするのも最高です。われわれ以外は誰もいませんでした。混雑していないのも小笠原のいい所ですね。

次は扇浦へ!

og50.jpg ←赤白のカヌーで競争します

ここはレストハウスなどもあり、便利なビーチです。お店もあるので気軽に泳ぎに行ける感じですね。今日はカヌーのレースも行われていて、たいへん賑わっていました。お世話になっている宿で働いている人達も出場していました。16チーム中10位だったそうです。

次は島を二分する論争になっている、空港予定地を見に行きました。戦争中は空港として使われていたそうですが、ここに空港を作ろうという計画があるそうです。今はフェリーしかありませんが、空港ができれば行き来がしやすくなるということで、年配の方や病気の際などには便利でしょうが、自然保護の面からは行き来が増えすぎるのもよくないでしょうね。今後どうなるのでしょうか。

og51.jpg og52.jpg

次は農業センターに行き、小笠原独自の固有植物を見たりしてから、車で行ける最南端のビーチ小港海岸に行きました。ここにも広いビーチが広がっていて、景色も最高です。

og53.jpg og54.jpg

美しい海を眺めながらお弁当を食べている家族連れも何組かいました。宿で一緒の小学生グループも来ていて賑やかでした。
ここからは遊歩道しかありませんが、20分ほどかけて中山峠へ登ると素晴らしい景色が広がっているそうです。船酔いした翌日なので、今回は登りませんでした。

小港海岸でゆっくりしてから、島の東側に向かいました。まずは初寝浦展望台に行き、初寝浦の眺めを楽しみました。

og55.jpg ←初寝浦の眺め

素晴らしい景色ですね。初寝浦までは山道を30分ほど下って行くこともできます。昔は西側のビーチの波が荒いとここまで泳ぎに来たそうです。上り下りが大変なので、今はまさにプライベートビーチ!という感じですね。こちらは東側なので、朝日がとてもきれいだそうです。
展望台の後には戦争時に診療所として使われていた建物が残っています。壁には銃弾の跡なども残っていました。

og56.jpg ←旭平展望台から見た長崎

続いては旭平展望台に行き長崎や東島の眺めを楽しみました。長崎はもっと近くで見れる展望台もあり、そこに向かいました。

og57.jpg ←長崎の眺め 向こうに見えるのが兄島

長崎展望台からの眺めも素晴らしいです。兄島も目の前に広がっています。ここからは遊歩道が整備されていて、釣浜や1日目に行った宮之浜まで歩いて行くこともできます。

ここからは急坂を下って街に戻りました。途中街の眺めがいい場所があり、写真を撮ったりしました。近くには野生のヤギも現れました。山の中を走っていると、ヤギ注意の看板を見かけます。3種類あるそうですが、2種類しか見つけられませんでした。

og59.jpg

こうして島内一周が終了しました。昼過ぎになっていたので、中華料理のお店でたんめんを食べました。野菜がたっぷり入っていて、あっさりスープで美味しかったですね。
食後は近くの小笠原ビジターセンターで、小笠原の歴史や自然について理解を深めました。色んな歴史を経て今の小笠原があるんですね。
その後は街のすぐそばに広がっている前浜でのんびりしたり、街で買い物をしたりして過しました。

og60.jpg ←前浜  島オクラ→ og58.jpg

農協で販売していた島オクラの大きさにはびっくりです!普通のオクラの3倍以上はあるんじゃないでしょうか?記念に写真も撮ってしまいました。
16時前には宿に戻り、お昼寝を楽しみました。ゆったりとした島の生活は最高ですね♪

明日には島を後にし東京へ帰るので、夕日を見られるのは今日が最後です。なので夕日を楽しむため、18時過ぎに初日に行ったウェザーステーションに向かいました。さすが夕日が美しいと人気の場所なので、駐車場も満杯です。さらに街から歩いて登ってきている人もたくさんいました。
西の空に雲が多めで夕日が見られるか心配しましたが、かえって幻想的な夕日が楽しめました。

og61.jpg ←左側の海上はスコールで霞んでいます

og62.jpg og63.jpg

海上には所々にスコールが降っていて、そこに夕日があたって霞んでいて本当に幻想的な景色が広がっていました。
水平線近くには雲もありましたが、沈む瞬間は見ることができました。島で働いている48回クルーズ仲間のSさんからグリーンフラッシュの見方を教えてもらい、きれいなグリーンフラッシュを見ることができました。
2回地球一周クルーズに参加して、何度も水平線に沈む夕日を見ましたが、はっきりとグリーンフラッシュを見たのは初めてです。本当にきれいですね!感動しました。本当にありがとうございました。

景色も最高だし、涼しい風も吹いていてとても気持ちいいので、ここで寝るのも気持ちいいだろうな〜と思いましたが、ここにも蚊はいました。ここで寝るには虫除けが必要ですね。

og64.jpg ←魚がいっぱいの夕食です♪

その後は夕食を食べて、早目に寝ました。
今日も楽しい1日でした♪
posted by 財満 at 20:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

ドルフィンスイムツアー

2008年7月24日(木)  ドルフィンスイムツアー

今日は1日ドルフィンスイムツアーです。

og24.jpg ←今朝の朝食(ご飯山盛りです)

8時半に父島タクシーに集合し、桟橋に向かいました。

og25_1.jpg og25_2.jpg ←今日は満員御礼!

とことん探します!というのが気になりますね。
出発前には頼もしく感じましたが、これに泣かされることになるとは(笑)

og25.jpg og26.jpg

早速、ドリーム号Vに乗り込み出発です!
今日もいい天気で海がきれいです。沖に出ると、昨日に比べると少し波がありましたが、風を受けながら進むのは気持ちいいですね♪

まずはイルカを探して南下します。イルカはたくさんいるそうですが、今日はなかなか現れてくれません。
なのでイルカ探しは後にして、南島に向かいました。

og27.jpg og28.jpg ←海の色が違いますね♪

この辺りは岩もたくさん出ていて、波が高いと近付くのは危険だそうです。さらに南島に上陸するには、幅の狭い所を通り抜けないといけないので、波の状況によっては上陸できないこともあるそうです。

og38.jpg←鮫池の入り口は狭い! og29.jpg

今回は無事通り抜け、鮫池から上陸しました。ここには湾になっていて波が穏やかなので、サメが休みに来るそうです。人を襲うようなサメではないそうですが...
南島はウミガメの産卵地にもなっており、貴重な自然環境を守るために立ち入りが制限されています。ハイシーズンには1日当たりの上陸者数が制限されますし、普段でも歩く場所などが決められています。
その分美しい自然が残っていて、ここに上陸できたことだけでも、このツアーに参加して良かったと思いました。

まずは小高い丘の上に登ります。火山なので、地面はゴツゴツしていて登りにくいですね。日差しを遮るものは何もないですし。
でも丘の上からの眺めは最高です♪

og31.jpg ←丘からの鮫池の眺め

og30.jpg ←丘からの扇池の眺め!

ホント小笠原に来て良かった!

og32.jpg ←囲ってある部分に卵が埋まっている

その後、扇池や奥にある陰陽池に向かいました。扇池の砂浜には、あちらこちらにウミガメが卵を産んでいて、その場所には目印が付けてありました。その近くは通行禁止です。今日も小笠原海洋センターの人が卵の場所を探して印を付けていました。暑い中ご苦労様です。

og35.jpg

og34.jpg ←上の方に見えているのが断層部分

砂浜の反対側に目を向けると、たくさんの巻き貝が落ちています。これらは貝ではなくて、大昔にこの辺りにいたオオベソカタマイマイ?というカタツムリの半化石だそうです。かなり硬い貝殻でした。地層の中に埋まっているんですが、その部分が露出しているので、貝が砂浜にたくさん落ちて来るそうです。
さらに奥に進むと陰陽池がありました。ここには迷いこんだウミガメの赤ちゃんが泳いでいました。

og36.jpg←陰陽池 扇池→og33.jpg

そしていよいよ扇池へ!
この辺りの砂浜は真っ白で粒も細かいので、とても気持ちいいです。ガイドさんも素足で歩くと気持ちいいですよ♪と言っていました。
ホントにここは別世界ですね!この貴重な自然を大切にしていきたいと感じました。

og37.jpg ←歩く場所も決まっています

自然を壊さない様に、歩く場所も決まっています。ガイドさんが先導して、1列になって進んでいきます。
南島は滞在時間も2時間までと決まっています。もっとゆっくりと滞在したかったんですが、南島を後にし、またイルカ探しに出発です。他の船と連絡を取り合ったり、見晴らしのいいウェザーステーションから探したりしてくれましたが、今日はイルカが現れません。

og39.jpg ←黄色いのは魚です og40.jpg

昼になってきたので兄島海中公園に移動し、昼食となりました。ここはなぜか通称キャベツビーチと呼ばれています。キャベツは見当たりませんが、船から覗くだけで熱帯魚が見えます。パンを持って水中に入るとたくさんの魚に囲まれて怖いくらいです。結構大きな魚も来るので、指を噛まれそうで怖かったですね(笑)
きれいな海でシュノーケリングを楽しみました♪

og41.jpg  動画は <<<こちら>>>

その後はまたイルカ探しです。船長も必死に探してくれましたが今日はイルカはお休みのようです。代わりにウミガメに出会いました。ウミガメは警戒心が強くて、船が近付くとすぐに潜ってしまうそうですが、今日のウミガメは船に気付かないのか、近くで見ることができました。
イルカがいないということで、沖まで行ってマッコウクジラを探そうということになりました。父島から西の方に30分ほど走りましたが、さすがに沖まで来ると波もあってかなり揺れます。前方デッキにいたので揺れも心地良かったです♪船には慣れてますしね!

この辺りまで来ると水深は1000m位だそうです。ここで水中マイクを海に入れましたが、音一つしない穏やかな海だそうです(ということは近くにクジラはいないということです^_^;)
船長の焦りは募るばかりです(笑)
場所を変えてもっと南下しようということになり、揺れが激しくなるので、前方は危険なので後方に集まる様に指示がありました。後方デッキで揺られていましたが、ずっと波に揺られているせいもあってか何か変な気分になってきます。南に下ってもクジラはいませんでした。

船長から、イルカもクジラも見られないのでは申し訳ない!戻るのが1時間ほど遅くなるが、島の反対側へ行ってみたいという提案があり、東側へ行くことになりました。この頃になると気分が悪くなる人も出てきました。私も船酔いしたのか気分が悪くなってきました。小刻みな揺れには慣れていなかったんですね(^_^;)
まさか船酔いするとは想定外でした。気分が悪くなってくると、もうクジラはいいから島に戻りたい!という気持ちになってきます。でもほとんどの人はクジラを楽しみにしているのでしょうがないですね。じっと耐えるのは辛かったですね。後半はほとんど写真も撮らず、おとなしく座っていました(笑)

島の東側へ行き、もうこの辺りで引き返そうかという頃になってやっとクジラの気配がしてきました。

og42.jpg ←がんばってクジラの写真を撮りました(笑)

付近を探してみると親子なのか2頭のクジラが現れました。みんな喜んで写真を撮ったり、海に潜ったりしていましたが、私はぼ〜っとしていました。何とか3枚写真を撮っただけです。船酔いの辛さを再認識しました。

クジラも無事見れたということで、やっと島に戻りました。
宿に戻ってお風呂に入った後、夕食まで部屋で休んでいました。今夜は父島に住んでいる48回クルーズ仲間と飲みに行く予定なので、少しでも体力を回復しないと!ホント長〜い1日でした。

og43.jpg ←今日の夕食

og44.jpg ←小笠原名物料理(亀煮、亀刺し、島野菜の天ぷら)

夕食は軽くするつもりでしたが、魚料理が美味しくてちょっと食べすぎました。これだけ食べられたら大丈夫ですね(笑)
夕食後居酒屋に行きました。ここで小笠原名物 ウミガメの刺身と亀煮を食べました。かめ刺は赤身で馬刺しのような感じです。しょうが醤油で食べるところも同じですね。昼間にアオウミガメを見たばかりなのでかわいそうな気もしますが、ウミガメは捕獲できる量が決まっているそうで、ちゃんと管理されているそうです。
島の話で盛り上り、船酔いしていたことを忘れてしまいました(笑)ホント楽しかったですね!

こんな感じで、長い長〜い小笠原2日目は終わりました。
posted by 財満 at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

小笠原 父島到着!


2008年7月23日(水) 小笠原 父島到着!

朝6時に静かな音楽が流れ出し、照明もついて起床となりました。少々背中が痛いですが、思ったより眠れましたね。今日はいよいよ小笠原到着です。今日もいい天気です♪
朝食にはバナナを3本食べました。この船にはシャワールームがあったので、軽くシャワーを浴びました。温かいシャワーは気持ちいいですね。

今日は9時45分からブリッジツアーです。参加するには乗船日に受付で申し込んでおく必要があります。ブリッジに行くのはトパーズ以来なので楽しみです。
9時半ごろ婿島列島(通称ケータ)の横を通りました。久し振りの島影なので、みんなデッキで写真を撮っていました。島が近付くと案内があるのでありがたいですね。

og6.jpg og7.jpg←エンジンが2つ並んでいます

そうこうする内にブリッジツアーの時間となり、受付前に集合して20人くらいでツアーが始まりました。
まずはブリッジに行く前に機関室の見学です。機関室に入るのは初めてだったので面白かったですね。
エンジンなどの説明を聞いたあと、実際に機関室に入りました。
中には2機の大型エンジンがありますが、すごい音と場所によっては50℃近い温度で、長くはいられませんね!
最近の原油の値上がりで、燃料の重油が4.5倍に値上りし、とても厳しいそうです。ここでは併せて電気の供給も行っていて、発電容量は小笠原の電力量をまかなえるくらいだそうです。
この船には横揺れを防止するためフィンスタビライザーも付いていて、今の揺れは1度くらいだそうです。フィンスタビライザーを使わないと5度程度の揺れになるそうです。
その後いよいよブリッジへ!

og8.jpg og9.jpg←前方が父島列島

トパーズ号とは違い、計器盤が整然と並んでいました。さすがブリッジだけあって眺めもいいですね♪ちょうど父島列島が前方に見えてきて、ちょうどいいタイミングですね。ブリッジでは機器類の説明の後、船長の格好をして写真撮影などもできる様になっていました。
10時15分頃にツアーは終了となりました。

だんだんと父島も近付いてきて、そろそろ下船準備です。荷物をまとめた後、デッキに上がりましたが、島に近付くにつれてパラパラと雨が降ってきました。島の天気は変わりやすいですね。
港に近付くと父島タクシーのボートが出迎えに来ていました。
こんなお出迎えがあるのも父島ならではですね。

og10.jpg og11.jpg og12.jpg

11時半前に父島に到着しました。港には宿泊施設の人達が看板を持ってお出迎えに来ていたり、島の人達も出迎えに来てくれていて、賑やかでした。
到着して10分くらいすると急に雨脚が強くなり、土砂降りの雨になりました。こんなに降るのは久し振りだそうです。
宿泊するグリーンヴィラは近いので歩いていく予定でしたが、雨が強いので車に乗せて行ってもらいました。宿に着き部屋でゆっくりしているうちに雨は止み、また南国の日差しが照り付けてきました。日差しの下にいるととても暑いですが、木陰に入るとさわやかな風が吹いていて、とても心地いいですね。

og13.jpg ←グリーンヴィラの別棟

30分ほど部屋で休憩してから、レンタカーを借り島巡りに出発しました。レンタカーで驚いたのは、品川ナンバーだったことです。小笠原も品川ナンバーなんですね!
まずは明日のイルカクルーズの申込みに行きました。事前に予約してくれていたんですが、そこはお迎えに来てくれていた父島タクシーでした。1日のクルーズは1万円ですが、事前予約をしていると9千円になりました。シュノーケリングセットも貸してくれるので、明日のツアーが楽しみです♪

 父島のメインストリート→ og14.jpg

続いて生協によってお弁当を買いました。父島には眺めのいい場所がたくさんあるそうで、そこでゆっくりとお弁当を食べようという計画です。父島に詳しい人と一緒なので心強いです。
その後はお墓参りをして、眺めのいいウェザーステーション(三日月山展望台)へ向かいました。

og15.jpg ←ウェザーステーション ↓眺め

og16.jpg og17.jpg

ウェザーステーションからの眺めをビデオで撮りました <<<こちら>>>
(動画をアップすると、かなり画像が荒くなってしまいますね!)

ここは最高に気持ちがいいですね!
断崖の上なので海の眺めが素晴らしいです♪屋根付きの休憩所があるので涼しくて、ここにいると時間が経つのを忘れてしまいますね。素晴らしい景色を眺めながらお弁当を食べました。島で作っているお弁当もとても美味しかったです♪

og18.jpg ←お弁当660円。とても美味しかった♪

ここは島の西側になるので、夕陽がとてもきれいだそうです。ぜひ夕陽も見に来たいですね。ここで1時間半ほどゆっくりして、島の北側宮之浜に向かいました。

og19.jpg og20.jpg

宮之浜にもきれいな海岸が広がっていました。すぐ目の前に兄島がありますが、これらの2つの島の間の兄島瀬戸は流れが速くて危険だそうです。ブイより先には行かないよう注意がありました。
ここの海岸には砂浜もありますが、サンゴや火山岩などの石などもたくさん打ち上げられていました。きれいな石もありました。
ここには大きなヤドカリもいてびっくりしました。何気なく見ていたら大きな貝が動いていたのでよく見てみるとヤドカリでした。

 ヤドカリが移動する様子は <<<こちら>>>

後日聞いてみると天然記念物なんだそうです。それにしても大きいですよね!
ここで1時間ほどゆっくりして街に戻ってきました。

明日はイルカと泳いだりシュノーケリングもできるんですが、水着を持ってくるのを忘れたので、街のお店で買いました。デジカメの防水パックを忘れたのも残念ですね。

og21.jpg ←小さなサメも泳いでいました!

港の近くの青灯台のある埠頭あたりも海がとでもきれいで、色とりどりの熱帯魚が泳いでいました。小型のサメなども泳いできてびっくり!です。本当に自然がいっぱいですね。
街歩きを楽しんだ後は宿に戻り、お風呂に入った後お待ちかねの夕食です。

og22.jpg og23.jpg ←島寿司(さわらのお寿司)

名物の島寿司(さわら漬けでわさびの代わりにからしが入っている)やマグロの刺身など、さすが海の近くだけあって魚が豊富でした。美味しくてついつい食べすぎてしまいました(笑)

こうして小笠原1日目は終了しました。
posted by 財満 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

小笠原へ向けて出港♪


2008年7月22日(火) 小笠原へ出発!

いよいよ初めての小笠原旅行に出発です♪
ピースボートの48回クルーズで知り合った人が小笠原出身で、毎年里帰りしているのに同行させてもらい、初めての小笠原行きになりました。
どんな所なのか楽しみですね!
ピースボートの60回クルーズの最後、パプアニューギニアから横浜に戻る途中に、硫黄島や小笠原の近くを通りましたが、小笠原に上陸するのは初めてです。

60回クルーズ日記はこちら→http://5oku.seesaa.net/

o1.jpg ←乗船手続き窓口と乗船券

 たくさんの乗船客が並んでいます→ o2.jpg

小笠原へはフェリーしか交通手段がなく、小笠原海運の「おがさわら丸」が独占しています。
そのため今回利用した2等客室でも、往復で56,220円(サーチャージ込み)と海外旅行並みです。
もっと安くなるといいんですけどね。

小笠原海運はこちら→http://www.ogasawarakaiun.co.jp/

東京からは竹芝桟橋を10時に出港し、25時間半かけて小笠原諸島の父島を目指します。
到着は翌日の11時半予定です。丸1日以上の航海になります。
夏休みシーズンに入ったこともあり、船内はかなり混雑していました。小学生の団体が乗船していた影響もありますね。この団体とは父島での宿も同じでした。

予定通り10時に出港しました。汽笛を聞くと船に乗っているんだな〜と感じ、懐かしいですね。東京湾内はほとんど揺れもなく進みましたが、湾外に出るとスピードアップしたせいもあるのか、少し揺れてきました。出港からずっとデッキにいましたが、揺れとともに風も強くなってきました。でもやっぱりデッキは気持ちいいですね♪

後方デッキからの眺め→ o0.jpg

海の色も青くなり、飛び魚もたくさん飛んでいました。

o4.jpg ←レストランメニューの一例

そうこうする内にランチタイムです。
船内には100人くらいが座れるレストランがありますが、定食類だと1000円前後と高いです。お客さんもよく分かっていて、コンビニで弁当などを買ってきている人がたくさんいました。私も事前に高いと聞いていたので、カップ焼そばとバナナを持って行きました。朝しっかり食べたのでランチはバナナを食べました。

船内には給湯・給水設備が完備しており、カップ麺の自販機では200円で販売しています。
冷たい水をいつでも飲めるのはありがたいですね。水はトパーズ号より美味しいです(笑)
午後もデッキで本を読んだりしながらすごしました。今日はホントにいい天気ですね♪ 

o5.jpg

船旅の楽しみの一つは水平線に沈む夕陽ですが、今日も綺麗な夕陽が楽しめました。水平線近くに雲があって、海に沈む様子は見られませんでしたが、多くの人がデッキに上がって夕陽を楽しんでいました。夕陽が沈むと夕食タイムです。レストラン前には長い行列ができていました。私はカップ焼そばを食べました。

夜には30分ほど上部デッキの灯りを消し、星空観測会も開かれていました。私は船室で本を読んだりしながらゆっくり過しました。

o3.jpg

2等だと大広間に雑魚寝で、毛布2枚と枕が置いてあります。
船に乗船する際に番号が渡され、寝る場所が決められていました。私はEデッキの255番でした。
2枚の毛布のうち1枚は床に敷きますが、1枚では体が痛くなりますね。せめて2枚は重ねたい所です。
それに船内はかなり冷房が効いていました。普段冷房を使わない私としては、こんなに寒くしなくてもと思うんですが。
22時になると案内があり消灯となりました。思ったよりみんな静かで、ゆっくり休むことができました。

こんな感じで小笠原旅行1日目はすぎていきました。
posted by 財満 at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。